CLIP STUDIO PAINT でコードギアス「C.C.」を描く!~ようやく完成しました~

前回の作品

前回の記事では、トーン貼り第二弾ということで、ここまで描くことができました。

ようやくラストスパートまできたかといった感じです。

あとは普通に薄めのトーンを貼っていくだけなのですが、単純に貼る場所が多すぎて気が滅入りますね。。

頑張っていきます。

トーン貼りは自分との闘い

~ひたすら貼ること数時間~

細かすぎてわからないかもしれませんね。

トーンだけでビフォーアフターしてみましょうか。

Before

After

手、脇、足など、身体のパーツの影なんかが追加されていることがわかるかと思います。

しかし、トーン貼りというのは完成度が高くなるような実感が得られる一方で、かなり精神が削られる作業ですね。

この辺りで正直やめたかったですが、ここまできたらの精神で髪も貼りました。

こんな感じです。

削りも入れて、光が当たってる雰囲気も少しは出たかなと思います。

ここまでトーンを貼ると、もはやトーンだけで絵になるんですね。

むしろトーンだけの方が雰囲気があってよいのではと思ってしまうほどです。

これでも、まだ貼ろうと思えば貼れる場所はたくさんあるんですけど、さすがにキリがないと思ったのでここらで完成にします。

今回の作品

今回の作品を画像として使用するとこんな感じです。

満足度としては満点です。

ただ、少し残念だったのがスカート辺りのベタ塗り。これがひどいですね。

まだトーン一色の方が遥かにマシだったでしょう。

こういう絵の場合は、安易にベタ塗りしてはいけないということを学びました。

いやしかし、ずいぶん長いことこれ描いてましたね。

なので次回作からは、ここまでトーン貼りを頑張らないかもしれません。。(非常に疲れるうえに、ペンタブが上手くならないから)

ペン入れだけパッとやって、パッと上げて次々行く感じにしたいと思います。

そんな感じで、最後までお付き合いありがとうございました。

それでは、また。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です