おいみんな。オレのアナログモニターを見てくれよ

なぁ、笑っちまうだろ?

こんなの、笑うしかないよなぁ。

MacBook が水没してからというもの、この骨董品に頼るしかなくなってしまったのは痛すぎたよ。

Windows 10 のハイスペックPCを3万で買えたのはよかったものの、モニターがついてなくってな。

もう10年くらい前に買ったやつがまだ家にあったもんだから、それを代用していたわけよ。

まぁ、ほぼ検証用にしか使わんしいっかって。

まぁ、すぐに使う時がきたよね。

これが、いざメインPCとして使うとキッツイんだわ。

どう考えても Windows 10 の要件を満たしていないモニターだからな。

正方形やし・・・

ていうか、今時デスクトップってナンセンスだったかぁ

まぁ、前置き長くなったけど、とにもかくにも、アマゾンでモニター買っただけなんだ。

ちなみにな、アマゾンのリンクは張ってもだれも買わねえから、もう意地でも張ってやらないことにしたんだ。

というより、惨めな思いをしたくないから、リンクを張るのはやめたんだくそったれ。

ほらみてくれ。

すごくねーか?

まぶしすぎてうまく写真がとれねーよ。

これが

こうなんや

いやww

てかこれ、横幅広すぎだろwww

ワイドどころじゃねーだろwww

ほぼ二倍じゃねーかww

こりゃあ澪ちゃんもビックリだわな

まぁ、とりあえずこれで寝っ転がれないという制約に目を瞑ればあと一週間は生きていける環境は整ったわけなんだわ。

はぁ、しかし。

アマゾンの段ボール片づけるのと粗大ゴミにモニター出すのダルいわ・・・

MacBookが水没しました。

2017年6月21日。

普段使いのメインPCがやられました。

いつも通り、出勤したのですが、窓を閉め忘れていたらしく、大雨にさらされたMacbook

帰宅してアニメを見ようとルンルンしていた俺に現実が襲い掛かる。

びしょ濡れの布団

べっこべこになった本棚

ヨボヨボになった本

ふやけたタバコ

水没したMacBook

オレはこの先、どうやって生きていけばよいのだろう。

割と真剣に考えたあと、とりあえず電源をつけてみたら、ついた。

お、さすがマックじゃん。頑丈~♪

しかし、異変に気が付いた時にはすでに遅し

やたらとブチブチと音がして、ファンが異様にうるさいなぁと思った刹那、画面が消灯

「嘘だろ・・・」

「たのむ・・・」

ダメだった。

かろうじて電源は入れられたが、ついては消えての繰り替えし、完全に壊れていた。

しばらくやっていると、とうとう電源が入らなくなり、充電をしようとしてもランプが点灯しない。

おわった。

二年以上愛用していたのに、たった一日の雨で壊れてしまった。

突然のことすぎて、悲しいんだか辛いんだかわからなかった。

はぁ

オレ、昔からモノを大切にしない気質があるからなぁ。いつかこんな日がくるんだろうとは思っていたんだよなぁ。

壊れてからしばらくボーっとして将棋指して連敗して、「パソコン 水没」でググった。

「パソコンが濡れたら絶対に電源を入れてはいけません」

「中でショートして、ぶっ壊れます」

「水没の場合、保証はききません」

まぁ、こんな記事ってあらかじめ読んでるほうが稀だよね。実際は壊れてから調べて間違っていたことに気が付く。

なんか、あまりにもマックがかわいそうだ。

ごめんな

オレが阿呆だったばっかりに

時間差で悲しくなった。

布団で寝っ転がってアニメが見れないことに、悲しくなった。

もう完全にショートして電源すら入らないけど、乾燥したらもしかしたら万が一ということもあるかもしれないので、今はさかさまにして放置している。

あと3日くらい経ったら、電源を入れてみようかと思う。

しかし、99%くらいつかないと思う。

でもオレはどうしても布団にネッコロしながらアニメが見たい。

だから、買ってしまった。

また、例のAmazon のアレだ。ワジュンPCの激安ハイスペックPCだ。

来週の水曜日あたりに届く予定だが、オレは人柱になるつもりで、レビュー☆1のパソコンを4万円で購入した。

そのスペックは、もしそれ通りなら驚異的だ。

Office2016搭載

Windows 10 pro 64bit 搭載

CPU2.6GHz

メモリ8GB

HDD500GB

まぁ、SSDじゃないとか、CPUが第三世代とか、そういうのはあるけど、何せ4万だからねぇ。

でもぶっちゃけ、ハードはどうでもよかったりするんだよね。だって、アニメ見るだけなんだもの。

やばいのは、Office 2016 と Windows 10 pro が入ってるってところ。プロダクトキーもちゃんとついているようだから、もしそれが本当なら、ハードウェアぶっ壊しても 元が取れるってことだから。

8GBのメモリとか500GBのHDDとか、オマケみたいなもん。

もしそれが本当に本当ならね!!

しかし、ワジュンPCは、何気にいい買い物をさせてもらっているので、信頼してるんだよね。

今使っているPCも、3万でOffice2010とWin10pro、USB16GB、CPU3.3GHz、メモリ8GB、HDD1Tだったから。

2chでは海賊版とか言われてるけど、マジだったとしてもそれは元々使っていた企業なんかが掴まされてたのが流れただけだろうと思ってる。

少なくとも、一台目に購入した3万のWin10は正規品だった。

そもそも、万が一海賊版だったとしても、オレはそんなの知らないから、アニメが見れればそれでいい。

あぁ、早くアニメが見たい。

寝っ転がりながらアニメが見たい。

早く来週になってください

せっかくだし、金になりそうなサイト作ってみようかな

暇だし、金ないし

実は以前に、リファレンスサイトを作るなどとできもしないことを自信満々に書いたことがある。

それは今も変わらないことなのだけれど、せっかくドメインを取得したことだから、このまま解約するのも何となくもったいない。

そして今なら腐るほど時間がある。

ていうか、時間を腐らせている。

ならば一度くらいは本格的に収益化を狙ったサイトを作ってみても良いんじゃないかと思ったのです。

まだまだ未完成のサイトだけど、一応リンクを貼っておきましょう。

こーどふぁいたー

パソコン講座を主に書いていくつもりです。

しばらくは、こちらのベース作りに時間を使っていきたいと思っております。

年内には書き終えたいものですが、どうなることやら・・・。

しかしまぁ、これもリハビリの一環です。

少しずつではありますが、やる気を取り戻しているような気がしています。

今年ももうすぐ後半戦、前半の遅れを取り戻すつもりで頑張ります。

時間は有限というけれど、じゃあ無駄じゃない時間ってなんだ?

無駄な時間

今日もすることなくて、結局パチンコ屋に行った。

昨日も行ったから、合計10時間くらいはパチンコ屋にいたことになる。

そして、今日は1万円くらい勝って、昨日は2万円負けたので、10時間使って1万円損したことになる。

時給マイナス1000円

これはあらゆる視点から考えても、得にはならない。

まだ寝て10時間消費したほうが有意義だったと思う。

あぁ、俺は10時間も無駄にしてしまったんだな。この時間はもう、二度と戻ってくることはないんだな。

俺には、あとどれくらいの時間が残っているのだろうか。

80歳まで生きるとしたら、あと68年か。

てことは、あと595680時間か。

でも、一日の睡眠時間を引いてないな。

8時間寝るとしたら、あと397120時間か。

でも、一日の仕事の時間を引いてないな。

週5で8時間だとしたら、あと266560時間か。

でも、一日の食事の時間を引いてないな。

2時間費やすとしたら、あと216920時間か。

そういえば、20代でいられるのはあと8年だけか。

8年間で自由に使える時間は25520時間か。

思ったより多いな・・・。

じゃあ、一年だと3190時間か。

思ったより多いな・・・。

無駄じゃない時間

計算してみてわかったけれど、思ったより時間ってたくさんある。

こんだけ時間があるんだったら、なにも頑張って節約する必要もないんじゃないのかと思う。

ていうか、じゃあ無駄じゃない時間ってなんだ?と思う

パチンコに行くことは無駄で、友達とカラオケに行くことが無駄じゃないのなら、その判断材料とはいったいなんだろう

わからない

正直どちらも同じくらい無駄なことだと思えるし、別に無駄でもいいと思う。

人は常に選択をするけれど、正解を定義するのは人であるから、結局のところ、時間をどう使おうが人それぞれだということになる。

つまるところ、この記事で云いたいことはたった一つである。

「別にパチンコ行ってもええやろ」

しかし、最近はパチンコに行っていると、とてつもなく人生を無駄にしている感がして、焦燥感がやばくて、正直あんまり楽しくない。

純粋に台がつまらないというのもあるけれど、やっぱりダメな自分が嫌なんだろうね。

変わりたいけど変われない。

変われないのではなく変わりたくない。

一人で生きているつもりになるほうが楽だからだ。

あぁ、やっぱり変わらないんだなぁ。

リハビリが必要みたいです。

プレミアムフライデーなので早退したものの、特にすることがなかったので、宇宙について考えた。

気がついたらやることなかった

せっかく早く帰ったというのに、やることがなかった。

何もやる気が起きなかった。

仕方がないので、パチンコ屋にいってみたが2万ほど負けてアホらしくなって帰宅した。

相変わらずクズのようだ。

しかしまぁ、ブログだけは頑張ると決めた矢先だから、ブログだけは書いておこうと思い、こうして執筆している次第です。

昨日の更新では、小説のダイジェストを予告していたけれど、やっぱり量が多くなってしまって、まだ書き終えていないため別のネタにします。

この世界ってなんだろう

とはいえ、特筆するようなネタもないので、小説に因んだビッグスケールな話題になりました。

日々思うことではあるのですが、日々結論が変わっていく面白さに魅力を感じざるをえない話題というのは、つまるところ、人生とは、宇宙とは、世界とは、という途方もない疑問。

答えなどわかるはずもないのに、これほど探究心をくすぐられることもないでしょう。

ちょっと前までは、この世界はどこにでもある塵のようなものだと考えていました。

その根拠というのは、無限という概念です。

例えば、スマートフォンをハンマーで粉々にしたとして、その粉々になった破片をさらに叩いて、さらにその粉を粉々にして・・・と繰り返した時、最後には何が残るのでしょう?

物質の最小単位である素粒子でしょうか?

けれども、素粒子にも大きさはあるから、さらに破壊していくことも可能なはず。原始の中に中性子があるなら、素粒子の中にも何かがあるでしょう。

ということは、それがイコール無限の宇宙ということにはならないだろうか?

水滴一つの中に、宇宙があっても良いのではないだろうか?

そう思っていたわけです。

でも、今はまた別の可能性を推しています。

この世界そのものが仮想現実であるということ。これはどうやら、科学的にも研究されていて、50%はその可能性があるといわれています。

この世界はよくできている。不自然なまでに、出来すぎている。物理法則が、ほんの少しでも狂えば、この世界は成り立たない。

それはつまり、誰かが計算をして作った世界だから。

誰かが作ったのであれば、全てが数学で説明できるほど完璧だったとしても、何ら不思議ではない。

俺は職業柄、検証で仮想マシンを構築することがよくあるんだけれども、おそらく、ほとんどそれと同じことをしていると思う。

つまり、ホストOS(現実世界)で、仮想マシンを作ると。

それには仮想マシンに割りあてるストレージであったり、メモリの容量が必要になる。仮想マシンがどれだけの容量を必要とするかはわからないから、最大値を決めて可変幅にする。

そうしてできあがった仮想マシン(仮想現実世界)に地球があり、人間がいると考えれば、すごく納得できる。

そうなると、「月が雲に隠れているとき、月は本当にそこにあるのだろうか。」という問いかけにも、意味が生まれる。

月は人間が観測することによって、存在する。

つまり、ストレージに情報が蓄積されるということ。それなら、観測される以前には、宇宙は存在しなかったと言われても納得できる。

宇宙が縮んだり膨らんだりしても、単なるストレージの調整だったりして。

あぁ、世界ホログラム仮説は、実はかなり的を射ているのかもしれないなぁ。

ともかく、誰も想像できないような高次元の情報の塊か何かによって、この仮想世界が構築され、人間はそのシナリオに則って踊らされているモルモットのようなもの。

というのが、俺の中で現状もっとも有力な仮説なのです。

さて、明日は土曜日だが

長ったらしく宇宙の話なんかして、まぁ自己満足には十分な材料になったかなとは思います。

さて、ようやく一週間の仕事を終え、楽しいはずの休日を目前に控えているわけですけれども。

やっぱり、特にすることがない。

というか、何にもやる気が起きない。

非常に、悲しいことです。

またパチンコに行ってしまうかもしれない。あ、でも、そろそろ金がやばい。

これもまた、阿呆の血のしからしむるところというヤツだろうか。

それは親に失礼か。

実は本当は実際は、歯医者に行くとか、美容院に行くとか、ジムの体験に行ってみるとか、なんとなくやりたい事はあるんだけど、なかなかどうして、腰が重たいのですね。

まいりました。降参です。

誰に

はぁ、みたいアニメもまだ放送していないし、

まぁ、明日の事は明日考えれば良いか、

やっぱりクズはクズのままなのであった。

小説家になる夢を見た。しかしやっぱり夢だった。

ライトノベルに魅せられて

意外と本を読むのが好きだった。

ライトノベルを読み出したのは高校生くらいだったかな。

俺は友達が少なかったもんだから、教室で一人「僕は友達が少ない」を読んでいたのを覚えている。

数少ない友達には「それ、黒サケが読んじゃいけないやつ」などと言われたっけな。

良い思い出である。(ちなみに、その数少ない友達とは、俺が阿呆だったばっかりに喧嘩別れしてしまった。)

他にも、「電波女と青春男(逆だっけ?)」とか、「涼宮ハルヒの憂鬱」とか、いろいろ読んだり貸したりをしていた。

最近では、化物語を読んで、文章でも相当に面白いことに感動した。

いやぁ、、文章ってすげーなと。

俺も一応、ブログを書いてるからライターの端くれじゃないですか。てことは、小説書いても案外いけるんじゃないか?と思ったわけです。

境界線プログラム

ああ、なんと中二臭いタイトルを晒してしまった。

晒してしまったよ。

実はひっそりと、ライトノベルの新人賞で一発当たらんかなぁとおもって書いてみたんですよ。

1ページだけ。・・・

1ページと聞いてお察しでしょうが、俺のような凡才には小説なんぞ到底無理だと痛感しましたね。

それなりに勉強はしたんですよ。起承転結はもちろん、構成だとか、伏線だとかね。

まぁ、とにかく表現するのが難しいよね。

一応、物語的には面白いものを考えたと思ったんですが、それを表現するだけの技術が圧倒的に足りていないと感じました。

文章をただ書くことと、文章を物語にすることは、全く別物なのだと感じました。

俺の場合、主人公が会話をするに至らぬまま、興味がなくなってしまいました。残念なことです。

しかし、このまま誰にも知られずに終わるのは勿体ないと思ったので、物語のダイジェストだけでも、明日あたりに公開しようと思います。

あぁ、明日も仕事ですか

話はかわるけれど、仕事というのは、考えすぎるとだめですね。

だって、ゴールが見えないんだもの。

月曜日。これから一週間きついなぁ

火曜日。まだ火曜日かぁ、つらいなぁ

水曜日。はぁ、帰りたい。

木曜日。まだ金曜日じゃねーのかよ!

金曜日。やっとだぁぁ!早く帰りたい!

土日。あぁ・・・ 休みが終わる・・・

こんなのの繰り返しでさ、やっぱり鬱になるよ。

心が窮屈になる。

だから深く考えずに、仕事は生活の一部として割り切れるようになりたいものですね。

まだニート精神が残っていて、どうにも離れずにいるので、困ったものです。

しかしまぁ、明日は金曜日だから、いくらか気分はましでしょう。

 

悪い夢でも見ていたようだ・・・。久しぶりにブログを更新

この三ヶ月間について

俺は今の今まで何をしていたのだろうかと思う。

三ヶ月ブログを更新しなかった。

しかしながら、これといって理由も浮かばない。

そういえば、三ヶ月前の俺はやる気に満ち溢れていたような気がする。

そうだ。

企業するといってイキイキしてたんだった。だけど、結果から言えば、企業なんてしなかった。

会社には辞めることを相談したんだけれど、全力で止められて、戸惑った。

俺みたいなクズでも必要としてくれるのか、この会社は、と思った。

リアルな話もしてくれた。俺に投資した金は、あと何年か働いてくれないと回収できないだとか、何だとか。

会社側は俺が意地でも辞めるといえば止められないのだけれど、上司があまりにも引き止めるものだから、心が揺らいでしまったのだ。

そして、その迷いとも呼べる揺らぎが決定打となって、俺は企業しないで会社で働く道を選んだ。

それからというもの、無気力に拍車がかかって、マジのクズ人間になってしまった。

悪夢のような三ヶ月間

ブログを更新しなくなった。

企業する企業すると思っていたのに、突然なんにもなくなって、ぬくぬくと会社に勤めれてればとりあえずご飯は食べられるようになって、すっかり安心してしまった。

そして、毎日のようにパチンコ屋に通った。

会社→パチンコ→アニメの無限ループ

再びパチンコをやりだしてから、急激に精神が荒んだような気がする。

会社も何かと理由をつけて休んだりするようになった。

あぁ、俺、本当にクズになっちゃったんだ。

それがどうしようもなく腹立たしくて、虚しくて、悲しかった。しかも、ストレスを象徴するかのように、ますますハゲ上がっていった。

まぁ、ハゲは仕方がないにしても、自分に全く自身がなくなって、何をやってもダメなんだと思い込み始めていた。

人間、こんなちょっとしたことで精神不安定になってしまうんだなぁ。ザコい生き物なんだなぁ、と客観視する一方で、シャレにならないほど追い詰められていた。

友達にも全く合わなくなった。

月一くらいで遊んでいた友達もいたんだけれど、LINEが消滅して以来、連絡手段がなくなって、そこから疎遠になった。

とはいえ、友達をたどっていけば連絡先を手に入れ、連絡を入れ、また会う事もできただろう。

それをしなかったのは、やっぱり自分に自身がなくなってしまって、会うのが恥ずかしいというか、惨めな自分を見られたくないという気持ちが勝っていたのだ。

ちなみに、それは今も進行形である。

どう更生していこうか・・・

落ちるところまで落ちたかもしれない。

いや、まだ仕事を投げ出していないだけましなのかもしれない。

まぁ、辞めるといって止められてやっぱやりますといったばかりだから、そりゃそうなのかもしれないけれど。

ともかく、今の俺は落ちぶれている。

去年まで輝いていたとは言わなくとも、輝きを失ったとは言える。

都会の夜街を一人で歩いていて、みんな酒飲んではしゃいでリアル充実してて、でもやっぱり俺は一人で歩いていて、そんな状況が耐えられなかった。

すぐにでもその場から逃げ出して家に帰りたいと思いながら、我慢して早歩きして帰宅する毎日なんだ。

こんなの、嫌だ。正直に、強くそう思った。

だから、更生しなくちゃならない。

三ヶ月もクズやってたんだから、そろそろ立ち直れるだろうと、思い込んでみたい。

ブログを久しぶりに更新したのは、こういう意味があります。

この上ないほどに独りよがりな文章だけど、誰かに見てもらわなければ、俺は一生このままのような気がしたんです。

オーバーではなく、ガチで怖くなったんです。

だからこうして必死で、直しなんて一切なく、ひたすらにキーボードを叩いているのです。

とりあえずブログを再開しようか

結構たくさん書いたのかなと思ったら全然、たかが1500文字程度でした。

やはりブログ書くのもなまっているようです。

金にはならないブログだけれど、とりあえず、再開しようかと思います。

半ば日記のような形になるかとは思うけれど、一日一記事を目標に、ブログだけは頑張ってみようかと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

やる気ないとき、やる気あるときって、何が違うんだろうね

まずは、ブログ更新サボってました。ごめんなさい。

会社のブログ書いた方が儲かるのでそっちばかり、、あ、なんでもありません。

近況としては、前から書いているとおり6月に会社を辞めて、新たなスタートといった感じです。

それに向けていろいろな経験をして触発されて、いまめっちゃやる気あるんですよね。

そう、いまのオレはやる気に満ち溢れているのです。

よく、がんばっている人の目は輝いてるといいますが、きっとオレの目もキラキラと輝いていることでしょう。

目が細くてよくわからないかもしれませんけど。

やる気ないとき

そんなやる気MAXのオレなんですが、ふと思ったことがあります。

今こんなにやる気がある。

でも、やる気なかったときと何が違うかと言われると、よく分からない。

いったい何が違うんだろう?

「自分は何がやりたくて、何ができて、何をするべきなのか、ぜんぜんわからない。」

という話をよく耳にしますが、まさにそのような状態で、時間を無駄にしていた時期がオレにもありました。

きっと誰にでもそういうことってあると思うんです。

ただ、算数の問題とちがって答えがないから、ドツボにはまって「おれはダメ人間だ〜」なんて言うようになっちゃうんですよね。

わかります。

わからないけど、わかります。

 

やる気MAXのとき

やる気MAX、いまのオレです。

例えるなら、モンハンです。

一時期、モンハンという中毒性の高いゲームに、寝食おしまず時間を投資していたことがありました。

そんな感じで、気が付いたら没頭してました。

そして、さらに気が付いたら、やりたいことが明確になって、やる事がたくさん増えて、大忙しです。

アプリ開発、Web制作、コンテンツ制作、デザイン

なんでこんなにやる事あるんだー!!ってくらい。

なにが違うんだ?

やる気がないときは、別に特別な何かがあってやる気がなくなったわけじゃない。

やる気があるときも、特にこれといって原動力になるものが追加されたわけでもありません。

オレの場合、環境は特に変わっていません。あいかわらず貧乏です。

では、やる気のあるとき、ないときって何がちがかったんでしょう?

環境が変わらないのなら、オレ自身が変わったということ。

そしてここ最近で思い当たる大きな変化としては、「あんま先の事考えないようにしよ〜」と決めたと。

ということはたぶん、「将来を考えなくなった」が正解だと思ってます。

 

将来のことって、考えても鬱じゃないですか。

「このままの経済状況だといずれ破産する、どうしよう。」

「やってみたいことあるけど、失敗したらどうしよう。」

「このまま何事もなく年を重ねて気が付いたら50歳、どうしよう。」

よく考えたらやる気ないときって、何にもしないくせに「どうしよう。」ばかり考えてたなぁと思うのです。

そんな過去のオレに一言いいたいです。

「どうにもならんわ!」

いまが良ければいいじゃない

年金を納めないと老後がどうとか

貯金しておかないと老後がどうとか

タバコやめないとガンがどうとか

このままだと借金が返済できませんとか

人にああ言われたからこうしようとか

どーでもいい。

考えたらストレスで余計に状況悪化するっての。

教育がどうとかいうつもりはないけれど、やっぱり「将来をやたらと気にする性格」って日本共通だと思うんだよね。

でもおれは、そんな考えたってどうしようもない事のために、今この瞬間をダメにするってもったいないと思うんだよね。

いまが良ければいいじゃない。

という事を考えてたら、今までのしかかっていた負担が気にならなくなって、自然とやる気モードになったのかなと思います。

まとめると?

まぁ、そんなに深く考えたわけじゃないので参考程度です。

・やる気ないとき

→無駄に先のことばっかり考えてる。

→だから行動できない、したくない、でやる気がなくなる

・やる気あるとき

→いまが楽しけりゃいい。

→いまが楽しいのでどんどん行動する、やる気がでてくる

こんな感じだと思います。

やっぱりね、ストレスって猛毒なんですよ。

すぐ人をダメにする。

だからね、憂鬱なことは考えなくてもいいんだって自分に言い聞かせるのが大切なんじゃないかなって思うのですよ。

例えばおれは家計がヤバイんだけど、結果としてはこうしてやる気だして企業することにして、もしうまくいったら親孝行できるじゃないですか。

うまくいかなかったときのこと考えてたら、たぶん踏み出せてないと思います。

そのときはそのとき、人ってそれくらい楽観的で良いと思うんです。

なので、「やる気ね〜もうやだ〜」って人は、ぜひ適当になってみてください。

何かがかわるかもしれないよ!

 

稼げるプログラマーになるには何が必要なのだろうか

稼げないプログラマー

そもそも、なぜプログラムを勉強しようと思ったのだろう?

これには、なんとなく時代に乗れそうだからとか、稼げるってきいたからとか、いろいろあると思う。

でも、「こういうソフトを開発したい!」と思って始める人って、よほどの変態なのではないだろうか。

つまり何が言いたいかというと、プログラマーってほとんどが言われたことやってるだけの作業員だよねってこと。

漠然とプログラム書きたいなぁと思って、研修受けてそれ系の企業に就職したらだいたいそうなるんじゃないかな。

で、そういう人って、どれだけ超速でコード書けても稼げないと思うんだよね。

稼げるプログラマー

じゃあどうしたらいいのって思った時に、成功者を見てると共通して「自発的に何かを作ろうとしている」んだよね。

まぁ、かなり当たり前のはなしにはなるんだけどさ。

例えば、「2ちゃんねる」は開設者の西村博之さんが「こういう場があったら、皆はどういうこと書くのか見てみたかった」と思ってつくったもので、興味本位、つまり「おもしろそう」から生まれたものなんだよね。

だから、「こういうのあったら、みんな使いそう。」とか、単純に「面白そうだから作りたい。」とか、そういった原動力が生み出せる人が稼げるプログラマーなんじゃないかなって思うんだよね。

なんで稼げるのって

これはプログラムに限った話じゃないけど、自分で作ったものを皆が利用して、その価値を認めれば、それはすごくレバレッジの効いた商品になるんですよね。

例えば、誰かが超高性能の次世代OSを開発してそれをリリースしたら、みんなそれが欲しいから買う。

それが仮に1日で作ったものだったとしたら、それはもうとんでもない時給になるわけです。

ふつうに雇われて働いていたら、一生手にすることのできない額になることでしょうう。

※雇われるのが悪いことだという意味ではありません。

何がつくりたいのか

プログラムが動かないだとか、バグが消えないだとか言って頭を抱えているのは時間の無駄だと思うのです。

だって、汚いコードでバグだらけでも、目的の動作をしていれば何ら問題はないわけですから。

プログラムは、あくまでも何かを作るためのツールです。

プログラムがどうこうよりも、「何が作りたいのか」の方がよっぽど重要だと思うのです。

結局、それがないと人間がやる意味ってないですし。

だからオレは、意味わからないつまらないソフトを開発するよりも、スマホアプリを作ることにしました。

自分だったらやりたいと思う、おもしろいアプリを思いついたからです。

そして、この胸の内を明かしたら、乗ってくれる優秀な仲間ができました。

オレはこれから、仕事して生活費をなんとかしながらアプリ開発に没頭することになるでしょう。

これは素晴らしい体験だと思っています。

そのついでに、パズドラみたいな誰でも知ってる系アプリの座に君臨できたらなんてことを、本気で考えています。

楽しいですよ。

少なくとも、言われた仕事よりはね。

別のモバイル端末でログインしたらLINEの友達が吹っ飛んだんだけど・・・

素直に悲しい

オレは、細かい仕様や説明などあまり確認しないタイプです。

それが仇となりました。

今日ドコモショップに行って、ほぼ無料でタブレットを手に入れつつ月額料金の割引という凄まじい恩恵を受けてきたわけなのですが。

タブレットつかわね〜と思いつつもセットアップくらいしとこうと、あれやこれやとインストール。

その中にLINEがあったわけです。

まぁ、自然な流れでログインしてみることに。

すると、「別端末からログインすると、その端末のデータは消えますよ」と言ってくる。オレはすかさずログインをタップ。

→すべて消えた

重要なやりとりをしている人もいた。

俺の友達データが消えたということは、相手にも見えなくなるのだろうか。もしそうだとしたら、かなりやばい。

そして、なによりも悲しい。

まるで卒業式のような気分

オレはLINEにすべてを委ねすぎていました。連絡手段の9割がLINEで、バックアップもとってなかったのです。

かろうじて電話番号で追加できる友達以外、もう連絡手段がありません。

家族ですら連絡とれません。連絡がこなければ探す術もありません。

これまで全く気にもとめていなかったあの人、この人、もう連絡することができないと知った途端、なぜだか卒業式のような気分になりました。

これはサービスの欠陥だ

データが消えると言われてログインしたオレが悪い。しかし、LINEの方がもっと悪い。

まず、PCでログインしたときはデータが消えたりなんてしなかったからだ。そんなの、勘違いして当たり前だろう。

要するに、Mobile版とPC版でそれぞれの端末ストレージにデータが保存されいるから、Mobile→ PCでは普通に使えるけども、Mobile→Mobileだとアカウントを引き継ごうが何しようが、同アカウントでログイン端末が変わった瞬間、データは吹っ飛ぶということなのだ。

だったら、「Lineの個人データは端末上に保存されているため、同アプリケーションに別端末でログインした場合、元の個人データが削除されます。」とか、もうすこし分かるように警告だしてくれって話だ。

もうLINEには依存しない

不満を言い出せばキリがない。

そもそもご時世で、なぜクラウドサービスじゃないのだ。

端末なんて、ぶっ壊れようが何しようがデータは生きているのが常識だろう。

少なくとも、別端末でログインしようとも、わざわざデータを削除する必要性は全くないはずだ。

それと、セキュリティ強化の一環なのか知らないが、友達追加許可にdモバイルIDを要求されたり、色々と面倒だ。

もちろん、メールや電話が不要になるという便利なサービスは他にないけど、個人データの保持に関していえば、お粗末。

なぜユーザー手動でバックアップをとらなければならない。なぜこの程度のことが実装できない。いくらなんでも、手を抜きすぎだ。

だからオレは、LINEに依存するのをやめた。

これからは、必ず電話番号を交換し、クラウドにバックアップをとる。

振り返らない

あーあ、もう一生会うことも連絡とることもないんだろうなぁ。

今回の一件で、数少ない友達との連絡手段が断たれた。

近況報告など、ときどき連絡を取る人もいたが、それももうおわりだ。

しかし、仕方がない。

悔やんだところで、俺のLINEの友達は戻ってこない。

所詮30人程度だったし、これからまた追加していけばよい。

オレは何もかわってない。かわらない。ただの酔っ払いです。

変わったねと言われること

会社では普段通りに振る舞っているつもりでいた。

でも、営業担当って人の変化に敏感なのかな。

愛想笑いも、適当なジョークも、いままでとそんなに変わらないはずなのに、指摘された。

「さいきん、オーラがなくなったね。」

「なんか、暗くなった。」

事実、オレは会社で少しずつ影薄い存在になろうとしていたのです。

どうせ辞めるのだし

できれば、居てもいなくても良い存在になりたいと思っていた。

ひっそりとフェードアウトするつもりでいた。

しかし、それを許さない人もいる。会話の中で、さりげなくオレを引っ張り上げようとする、無駄に有能な人がいる。

思えば、新入社員という肩書きがあったころは、普段の100倍くらい明るく振る舞っていた。

しかし、半年くらい経って新しい人材がどんどん入ってきたころ、オレは明るさを30倍ぐらいに抑えた。

そして、会社を辞めることを決意した今日この頃、明るさは5倍くらいになりました。

これでも、維持するのが大変なくらいなのです。

オレの場合、接しやすい普通っぽい人になるには、普段の30倍は明るく振舞わないとダメだと思ってます。

そのレバレッジがなければ、オレは社会人としてまずやってけないと思うからです。

心の中では全く興味のないどうでも良いことを、表情豊かに笑わないといけない場面が多すぎる。

油断しました

新人という肩書きが外れて、一応オレも先輩という立場を手にいれたのです。

飲み会で注目されるのはたいてい新入社員なので、オレの「新入社員」の演技は終わりました。

これからは、適当に気の利く感じのヤツを演じないといけないと思ってました。

ここが落とし穴でした。

あっさり見抜かれ、遠回しに説教されることになってしまったのです。

完全に油断しました。

そこでオレは、逆に火がつきました。

どうせなら演じきるか

経営とは、終わりのないマラソンのようなものである。

つまり、俺にとって地獄である。

しかし、オレのような落ちこぼれかけの人間の、ちっぽけな変化に気づいてくれる人がいたことは実際には嬉しいと思った。

だから、この人とは繋がっておきたい。

そう思った。

だから、明るさを普段の70倍まで引き上げた。

どうせ辞める会社だ。

だけど、この人、その人、あの人だけは繋がっておかないと損をする。直感がそういうのです。

いままでにない感覚でしたが、オレは直感に従うことにしたのです。

どうせなら、せっかくなら、演じ切ってみようか。明るい自分。

そう思ったのです。

酔った勢いですよ。

まるでポエムのようなこの記事を、数日後の自分がみたら赤面することでしょう。

まぁ、酔った勢いで書くにしても、真面目に書くにしても、過去の記事で赤面しなかったことなど一度もないのですけどね。

この辺りは割り切るしかありません。

退社まであと3ヶ月ほど。最後に得するだけ得したいと思っています。

これは、オレの数少ない人脈に、貴重なパイプが生まれるチャンスだと思っています。

 

22歳にもなって、ようやくクレジットカード申請した。やっぱ時代はお財布ケータイ

現金不便すぎた

さいきんネットショッピングが増えてきた。

あと、サーバー維持費とかドメイン申請とか色々増えてきた。

で。

決済方法がなにかとクレジットカードなわけよ

当たり前だけど・・・

クレジットカード申請する手間がダルすぎて、いままでずっとコンビニ決済か代引きだったんだよね。

しかしあまりにも機会が増えたんで、せっかく会社員なんでそろそろ持っとくかぁと思ったのさ。

社食のプリペイドの不具合のせいで5000円飲まれてから、Edy使うようになって、電子マネーの便利さを痛感したころでもあってね。

クレカなら、Edyチャージしてもポイントつくし、なによりも現金以外の信用ができるというのは心強いです。

ついでにセルフバックしといた

この時ばかりは、アフィカス目指していた自分を褒め称えたかった。

せっかく、クソだるいクレカの申請するんだし、a8.netのセルフバックで得できないかなぁと思って探したら、大当たり。

なんかキャンペーン中らしくて、ライフカードのセルフバックが7500円だった。

便利なクレカランキングで1位だったから、これにしようって決めてたんだけど。ラッキーでしたね。

こんな具合で、ついでに7500円もらいました。

ぐへへ

ついでにネットバンクも申請しといた

オレ、ゆうちょとDMMの口座しかもってないんだよね。

そろそろ三井住友とか開設したほうがいいかなって思うんだけどね、なにしろ銀行窓口ってサラリーマンに優しくないじゃない。

なかなかタイミングなくて。。

とりあえず、ゆうちょだけでもネットバンク使えるようにしときました。

これも申請すげーめんどくさかったです。

番号とか間違えないように通帳とキャッシュカードを何度も見比べて、入力済ませていざ申請ボタンをクリックすると

「ご利用時間外です^^0時5分にまた申請してください^^」

というメッセージが表示され、オレ呆然。

あんだけ本人確認しておいて最初から?^^;

ふざけんな^^;

まぁ、ワンタイムパスワード生きてたからそんなに手間ではなかったけれどね。

時代はお財布ケータイ?

ライフカード申請するとき、お財布ケータイのIDも一緒に申し込んだ。

いま、すげーんだよ。お財布ケータイ。

スイカ、パスモ、エディ、ID、クレジットカード…

ケータイ一個で全部できる。何それ、もう現金持たなくていいじゃん。

って、オレが時代遅れだっただけなんですけどね。

まぁ、良い機会ですし、オレもユーザーになろうかと思います。

ただ、何でもそうですけど落としたらアウトなのでね。

特にクレカなんて即悪用されますから。これからは、パンツを脱いでも財布、ケータイだけは肌身離さず持ってないとダメですね。

 

せっかく起業するので、企画をかんがえてみた結果

いけると思った。

6月に会社を辞め、会社をつくるわけです。

しかし、いろいろトレンドを調べてみると、Web制作ってもう未来ねーなぁって思ったんです。

それに、強豪が多すぎる。レッドオーシャンすぎる。

やはり何か新しいことしないと生き残れなそう。

ということで、まだ会社員のうちにいろいろと考えてるのです。

で、一個おもいついたのが、ライブの集客サービス

日本には売れないバンドマンが腐るほどいるんだけど、ITリテラシーが低い人多くて、全然集客できてないんだよね。

彼らは、良い音楽を作れば自然と客がつくとおもっているのかもしれないけれど、絶対そんなことないわけです。

しかし、良い音楽を作らなければ客がつくわけないのも、これまた事実なわけです。

集客しないとダメだけど良い音楽も作らないとダメで、でもやっぱり自分たちの音楽を追求する方を優先したいわけで…

それだ!

つまり、こういうこと。

彼らは良い音楽をつくる。オレはみんなが集客できるようなサービスを提供する。その代わり、売上の30%をいただく。

なんて素晴らしいんだ!

オレは、いけるとおもって企画書を書いた。

Webサービス、ネイティブアプリはすぐ作れるし、あとは各ライブハウスに営業して、バンドマンの知り合い使って…こうなればWeb制作の受注も増えるし…

いける…

これ、いけるぞ…

一人で勝手にテンション上がっていた。

しかし、肝心なところが抜けていた。

 

それ、客はつかわなくね?

 

そこらへんの売れてないバンドマンのライブって、そもそも需要なくね?

そんな情報垂れ流したところで、だれも興味もたなくね?

いや、バンドマンやライブハウス側にとっては、もしこれで集客できるんだったらこの上ないサービスかもしれないけど。

客はそんなの見なくね?

有名なアーティストの情報ならまだしも、よくわからんど素人の演奏を金払って小さいハコに遠出してまで聴きたいと思う人が、世の中にどれだけいるんだ?

ああ、これ、やっぱダメじゃん。

だれもやらないこと

だれもやらないこと

だれもやりたくないこと

めんどくさいこと

需要とは、そういったところから生まれるものだと思っています。

それなら、今までだれもやろうとしなかった面倒くさいことを、効率よく楽ちんにできるようなサービスを提供することができれば、それだけで食ってけるんです。

しかし、いまのIT業界はもう出るとこまで出尽くしてしまったんじゃないかと、正直思います。

いや、本当はやまほどあるんだろうけど。

ともかく、オレはそういう嗅覚が鈍い。まだまだ肥えていない。

なので、こんかいの集客サービスのような企画を、6月までにあと2、30個は考えてみようかと思っています。

でなければ、みんながやってる、誰でもできるような作業をするだけの人生で終わってしまう気がするのです。

なんかそれ、夢がないんです。

チェロ弾きたすぎて体験レッスン申し込んだ。

ストレスの行き場所

さいきん、平日の会社勤めはもちろん、このブログ以外にも、今年に起業する会社のホームページを更新したり、Web制作の勉強でコーディングを続けたりと、割とヒマのない日々を過ごしております。

そして、ストレスをどうするかで悩むことが多くなりました。

カラオケはあまりにもムカついたときは行くけど、ふだんは全く行かないし、一人では行こうとも思わない。

かといって、遊びに出かけるのも面倒だと思うタイプ。(=友達もすくない)

パチンコ・パチスロは一人でできるけど、どう考えてもお金がなくなるので、あまり行かなくなった。

そして結局、土日も仕事をして悪いものが溜まっていくわけです。

なにか、新しい遊びを覚えないといけない状況になってしまいました。

チェロ弾きたかったんだよね

そういえば、チェロいいよなぁ。

でも家で練習できなそうだしなぁ

と思って、閉じ込めていたのですが、いろいろ調べてみるとエレクトリックチェロがあったじゃないですか。

しかも、安いのだと15000円とかで買えるし。

それを見た瞬間、オレの中でチェロを習うことが決定し、数分後には体験レッスンの申し込みを済ませていました。

あー、弦を弓で引くってどんな感じなんだろう。

わくわくがとまりません。

ということで、ストレスの行き場はチェロに決定したのでした。

定時間際に仕事ふってくるやつ、ホントなんなの?

あったまきたぞ

世の中には二種類の人間がいる

周囲への配慮ができるやつと、できないやつだ

オレの職場には後者しか居ない

(定時だ。上がるか)

「お先に失礼します〜。」

「あっ、黒サケくん、これなんだけどね、こことここを小一時間くらいでやってほしいんだ。あ、時間大丈夫?予定あったりする?」

「時間。。大丈夫です。。」

あったまきた

オレ、おこているよ

あったまきたぞ

直属の上司に、直で仕事頼まれて、それも微妙にすぐ終わる感じのやつだったら断れないだろ。

なんでもっと早く言わなかったんだそれ。

さすがに、勤怠盛ったよ。30分ぐらい盛った。

あともう30分残業代つけても足りないくらいだ。

まず、帰る気分でスイッチオフにした瞬間に、無理やりスイッチ入れられた時の精神的な負担。

夕食が遅れ、栄養不足になる身体的な負担。

なぜもっと早くという不満。

退社後のスケジュール崩壊。

ストレスでしかない。とうぜん、良い仕事なんてできない。

あったまきたぞオイ

ほとんど、フレックスのせい。

昼夜逆転してるやつに付き合わされてるだけなんだよ。

まいにち重役出勤しやがってよぉ、まじ付き合ってらんねーよ。

寝坊すんなら全部仕事引き継いでから寝坊しろよ。なんで常に時間押してるやつと一緒に仕事しなきゃならねーんだよ。

てかそもそも、フレックスが許されるのは事情があって朝ダメだったり、夜ダメだったりする人だろうが。

単純に寝坊OKなんだったら、オレも寝坊して22時に出勤して朝6時に帰るよ。

そしたら深夜増しで給料もらえるもんね?

いいんだよね?フレックスだもんね?

アメリカを見習え

日本の生産性のなさは先進国のなかでもダントツ、てか一位だ。

それはなぜかって、みんなダラシないからだ。

時間を無駄に垂れ流してるからだ。

アメリカをみならいたまえ。

彼らは、日本人とたいして変わらない労働時間でありながらも、家族との時間を大切にするだけの時間がある。

それは、朝が早いからだ。

仕事は全力、期限は必ず守る、まさに理想のワークスタイルじゃないか。

その点日本は、ちんたらちんたら仕事して、期限近くなったら焦って残業残業オレ働いてる偉い〜だもんな。

ほんと付き合ってらんねーわ。