ニコニコ動画のプレミアム会員が解約できないんだけど。詐欺かよ。

 22680円の損失

毎月8000円近く払っていた携帯料金・・・

いくらなんでも高すぎると思いドコモショップへ行ったオレ

店員「高いっすねぇ〜wwあんたバカでしょww」

オレ「ですよね〜www」

ということで、あれやこれや見積もってもらった結果、判明したのがコレ

 

・・・・・・

ウェザーニュース、いつ継続課金したのかわからない。

ニコニコ動画、覚えている。

確か中二病を患っていた高校時代に、生放送とか路上ライブとかやってたんだ。

しかし当時はガラケーだったもんだから、月額料金から決済するSPモードで適当にプレミアム会員になったんだった。

継続課金登録日 2013/08/27

 

現在2017/02/27

 

三年半払い続けてたンゴww

 

一ヶ月540円だから、

(3×12+6)×540

=22680www

 

笑えない。

はやく解約しなきゃ!

オレは怖くなった。

このまま5年、10年と経って、全く使ってないサービスに何十万も払うことになっていたかもしれないと思うと、震えが止まらなかった。

そして、即座に解約を決意。

ニコニコ動画の解約手順だが、手順番号が化けている。相変わらずこの辺り適当なんだからなぁ。

しかしとりあえず、この手順通りにやってみることにした。

手順1:ニコニコ動画のフッターにひっそりと「プレミアム会員を解約」の文字があるな。

手順2:まぁ、アンケートは答えずに進むよな。

手順3:まぁ、解約へ進むよな。

よし、解約

解約ページなのに、「解約するとこの機能が消えます」とだけ表示されてるだけ。

解約するボタン的なのが一つもない!!

これは、詐欺だ!!

本気で怒ったオレは、いろいろな方法を調べたが、結局よくわからなかった。

何時間も費やして、解約できずにいたのだ。

さすがに、ドコモに請求止めてもらうしかないか、と思ったが、なんか登録してるだけで気持ちが悪いので、最後にニコニコ動画に問い合わせてみることにした。

オレがバカでした。

数日後、メールがきた。

あ〜はいはい。

なるほどね。

要するに、SIMじゃなくてWiFiで接続してたからSPモード決済の情報が読み取れない的なやつね。

あ〜はいはい。オレがバカでしたよ〜。

そして、WiFiをオフにした状態で再度解約の手順をふんでみると、、

先ほどの画面とは若干表記が違っていることがわかる。ちょっと見比べてみます。

before

after

って、よく見たら「Wi-Fi接続をOFFにしてください。」って書いてあるし。

いや、それにしても分かりづらすぎだろ。直感に反しすぎだろこれ。

「いえ、弊社はきちんと書いてましたから。」みたいなさぁ、、

で、小さく「次へ進む」って表示されるようになってたので、タップして進んでみました。

はいはい。

でっかい緑のボタンじゃなくて、ちっさい「解約手続き」のテキストをタップしますね。

フー。やっとこの画面だよ。まったく、苦労かけやがって。

(ここで、spモードパスワードを忘れていた自分はもう一悶着あったのち、解除するボタンをタップします、)

ようやく解約完了しました。

まじ疲れたぁ・・・。

spモードで継続課金なんて絶対にするもんじゃないです。

不親切ポイントまとめ

ニコニコ動画は確かにおもしろいし、画期的なサービスだと思うけど、これじゃまるで詐欺だよね。

「解約手続き」をしているのに、「解約させませんよ」と言わんばかりに障壁が立ちはだかるこの仕様です。

もう一度振り返ってみますか?

下記、ここまででで現れた不親切ポイントです。

不親切ポイントその1

まずここからだよな。

これはニコニコ動画に限ったことではないけどさ、ユーザーが退会するまでがサービスだという自覚がないんだよなぁ。

不親切ポイントその2

↑「プレミアム会員 解約」というページにもかかわらず、ヘッダーテキスト「お支払い方法」のバナーをタップしなければ解約できない。

解約なのに、お支払い。わけわかんないよね。

素直に「解約へすすむ」というボタンにしろという話。

不親切ポイントその3

みてくださいよこれ。

どう見ても緑のボタンが解約するっぽいボタンでしょww

でも実際は、その下にある小さなリンクテキストをタップしなければ解約できない。

素直に「解約手続き」というでっかいボタンを用意しろという話。

つかれました。

もうこんなことは御免です。

これからはクレジット払いでスマートに決済してきます。

ある意味、良い経験になりました。

清水富美加さんが「幸福の科学」へ出家する件について、オレが思うこと。

まず、事務所ドンマイ

ところで、「ドンマイ」って死語なのでしょうか。

未だに由来を知りませんが、さいきん滅多に聞かなくなったように思います。

さて、今回の「清水富美加、出家」の件なのですが、いまごろ事務所は大惨事でしょうね。

TV、ラジオ、CM、ドラマ、映画・・・

いろいろ決まってたみたいですが、本人が契約おかまいなしでイキナリ辞めたもんだから、これはもう成立しないわけですね。

そしてこれらの案件が頓挫したとなれば、本来見込めたであろうリターンが0になるわけですから、とうぜん損害賠償などの話になります。

ほんとうに、ご愁傷様・・・。

個人的にも、「東京グール」のヒロイン役を演じる清水さんを観てみたかったのですが、残念なことです。

ではいったい、なぜこんなことになってしまったのか、彼女になにがあったのか、誰もが気になるところだと思います。

しかし、それは本人がツイッターで発信したように、本人自身にしかわからないことでもあります。

幸福の科学サイド

今回の件について、記者のインタビューに対し、清水富美加が出家した「幸福の科学」の専門家は以下のように述べています。

・水着の撮影は嫌だったのに、無理やりやらせた

・睡眠時間3時間で、一ヶ月休みなく働いて5万しかもらえなかった

・「死にたい」と言ったけど、相手にされなかった。

・ドクターストップがかかっていたのに、働かされた。

そういったことが原因で、事務所への不信感が募り、限界を感じていた。

事務所サイド

一方で、事務所のレプロエンタテインメントは記者会見で以下のように弁解しています。

・本人が嫌がることはさせていない

・仕事に見合った給料を支払った

・健康面の相談はなかった

・診断書は受け取ったけど、生命の危機とは認識していない

両者の食い違いについて

前提として、「幸福の科学」サイドの主張は「清水富美加」本人の言葉ではないということです。

あくまでもインタビューに対して、幸福の科学が答えたというだけです。それこそ、本人しか知らないことであり、これからツイッターなどで公開していく予定なのだと思います。

そのため、現段階の情報と、それに対するオレの見解という前提で下記を読んでいただければと思います。

・水着の撮影について

10代の女の子にとって、それがどれだけのストレスになるのか想像もつきません。

そして、これに関しては真相もわかりません。

事務所が強要したと言えばそのような気がするし、実は笑顔で「はい!やります!」と言っていたと言えばそのような気がしなくもないし。

結局、「言った言ってない」のいたちごっこなので、当時のものだとわかる音声や映像でもない限り永遠にわかりません。

ただし、最終的に撮影に応じたのは清水富美加さん本人という事実は変わりません。

・安月給について

実際に月5万だったが、食費・交通費・家賃などは事務所の負担だったそうです。

しかしながら、ブレイクした現在の月給が5万円ということはありませんし、なぜいまさら5〜6年も前の下積み時代の話を?というのが正直なところです。

それが仮に、「不信感が募り」という「幸福の科学」側の主張に含まれるものだとしたら、つじつまが合いません。

なぜなら、過酷な労働と安月給の問題が現時点で解決しているのなら、不信感を抱くのは不自然だからです。

そして、月5万が安すぎるというのは確かにありますが、食費・交通費・家賃を事務所が負担してくれるのなら、そこまで酷いとも思えません。

生活にお金かからないで5万って、実質20万くらいもらってるようなものじゃありませんか?

それ会社員のオレよりもらってますよ。

・「死にたい」発言について

これも言った言ってないのいたちごっこなので、考える意味がありません。

そして、事実だったとしてもさほど問題になりません。

その道を選んだのは自分であり、自殺するかどうかは自分自身の責任で、事務所には関係のないことなのですから。

逆に、「お給料300万にして、週1出勤にしてあげるから、死なないで!」とでも言って欲しかったのでしょうか。

「死にたいというのはずるい」とマネージャーが言ったのが事実だとしたら、それはごもっともなことだとオレは思います。

・ドクターストップについて

これに関しては事務所がすごくあやしいです。

幸福の科学→ドクターストップがでていたのに2月中働かせた

事務所→診断書は受け取った。しかし、生命の危機とは認識していない。いまは本人と連絡とれないし判断できない。

ん?これ弁解になってるか?

結局、ドクターストップがかかってるのに働かせたんだよね?

認識していない?判断できない?

どゆこと?(^^;)

これからについて

これらのことから、両者ともに世間からのイメージは激変したことでしょう。

個人的には、事務所側はただのブラック企業に感じますし、清水富美加さんは被害者ズラしてるだけのようにも感じます。

いずれにしても、お互いにもう少し話し合っていれば、ここまで大事にはならなかったと思います。

たとえば、せめて今決まっている映画だけはやりきるとか、何かしら妥協できるポイントがあったはずです。

ただしかし、もう過ぎたことなので、だれが何を言っても仕方のないことではあります。あとは両者ともきちんと責任をとり、時間が解決するのを待つだけです。

「ある考え方」が一般的かどうかを考えて、なんのメリットがあるのでしょうか?

これは反応せざるをえない

嬉しさのあまり反応せざるをえない

今日、オレの記事が何者かによってピックアップされたようです。

— 猿とお呼びください (@azure_noir) 2017年1月23日

 

と、いうことなのですね。

批判というほどのモノかはわからないけど、ヤバイやつ認定されています。照

はぁ〜

嬉しいですねぇ、何にしろ読んでくれる人がいることを実感できる瞬間ですから。

そしてこれは、ちょっと前に書いた記事だね。

人に借りた物を壊して、紛失して、友達居なくなった話

高校時代のアホな俺が、友達に借りたものを壊したりなくしたりしたという、タイトル通りの内容になってます。

人にモノ借りるのはリスキーだから、もう借りないようにしようと思いましたと、そんな感じでまとめてます。

ちなみに、もちろん、実話です。

では、オレはツイッター嫌いなので、ブログでアンサーしたいと思います。おそらく、本人は見てないでしょうけど。

一般的かどうかはどうでも良いことである。

「この考え方一般的なの?」

この問いに答えるとするならば、一般的ではないでしょう。全国でアンケートを行っても、オレのように考える人は少数派だと思います。

しかし、この問いに意味があるかと言われると疑問です。

あなたは、オレの考えが一般的かどうかを確かめて、どうするのでしょう。

「やっぱりオレは間違ってない。モノ返さないやつが悪いんだ。」

自分の意見が支持され、自分が正しいと思える、安心する、そんなところでしょう。

それによって、あなたが幸せになれるのなら良いことだと思います。

ただし、正常か異常か、普通か奇抜か、そんな基準で物事を考えてしまうのは、あまりにも危険ですよ。

ほんのちょっと前の時代では、ヒトラー支持が一般的だったと言えるし、米軍に特攻するのが一般的だったとも言えるのですから。

ていうか、人から借りたもの壊すのはダメだからね。

何かを勘違いされたのかもしれません。

まるでオレが、人から借りたものをぶっ壊してもいいと言っているようではありませんか。

まぁ、しょせんブログですから、全員に全文読んでもらって、意味を理解してくれるとは思っていませんでしたけども。

・大切なものを貸すという事は、それだけのリスクがあること

・大切ものを借りるという事は、それだけのリスクがあること

・ものを借りないということは、これらのリスクを回避すること

オレが冒頭の記事で伝えたかったことは、これだけですよ。

 

しかし、こうして書けることが増えて嬉しいのは本心です。ほんとうにありがとうございます。

 

鼻毛出ててなにが悪い。そんなに毛が気になるなら、一生ムダ毛処理してろや

いえ、わかってますよ。

オレのために言ってくれたこと

わかってます。

鼻毛出てたらダサいよね。

わかってます。

鼻毛でてたらモテないよね。

わかってます。

 

だが断る

そもそも鼻毛の役割とは

どいつもこいつもムダ毛処理ムダ毛処理って、鼻毛やら髭やら脇毛やら、時間があればすぐに剃ったり抜いたりしやがって。

ばかじゃねーの?

なぜ毛が生えるのか

それは、菌から身体を守るためだ

特に鼻毛は大切だ

オレは去年、一回しか風邪をひかなかった。不規則でダラシない生活をしているのにもかかわらずだ。

これは、鼻毛を処理していなかったからだとオレは思う。

鼻毛を剃れば、それだけ空気中にウヨウヨいる菌を吸い込むことになるんだぞ。

お前ら、そんなに風邪ひきたいのか?

ひきたくないだろ?

なら、いますぐ鼻毛を剃るのをやめたまえ

鼻毛同盟

鼻毛は、我々人類の味方である。

ダサい、恥ずかしい、汚いなどといった理由で攻撃することは決して許されない。

ならば諸君らに問おう

諸君らを守り、血に汚れてもなお戦おうとする戦友を、汚いと言って切り捨てることができるだろうか?

人の心を持っているならば、それはできないはずだ。

鼻毛は、我々人類の味方である。

決して差別してはならない。

鼻毛に、人権を

トランプさん、国境とかそういうの、やめときましょうよ。

仮想通貨ってすごいでしょ?

ビットコインがメジャーになってきましたね。

やっぱり時代はそっちに進んでるってことなんでしょう。そのうちみんな現金とか持たなくなるんじゃないのかな。

でも、考えてみれば当然なんだよね。

仮想通貨って便利だもん。

どこ行っても使えるし、管理に手間がかからない。これが全世界共通のメジャー通貨になれば、犯罪も戦争も減るんじゃないかな。

ていうか、別に仮想通貨じゃなくても、全世界共通の通貨を普及させればいいだけだとは思うんだけどね。

だいたいの面倒ごとってグローバル化で解決するわけじゃん。

こんだけ情報化が進んだんだから、もう、通貨も国境もいらないわけじゃん。

グローバル化っすよ

国だ領土だ言ってんのは古いっしょ

ねえ、トランプさん

移民受け入れましょうよ。

壁なんて作るのやめましょうよ。

トランプさん

これだけ、ヒト、カネ、モノがボーダーレスになったじゃないですか。いまさら壁って、なんの意味があるんですか。

そりゃ、壁職人は儲かるかもしれないですけど、それってごく一部じゃないですか。

トランプさん、このまえ「自家用ジェットはたけえから注文取り下げろ!」とか、かっこいいこといってたじゃないですか。

40億ドルでしたっけ?

そりゃ高いですよ。そりゃ税金がもったいないですよ。

ナイス判断〜!^^

え、でも壁は?

壁ってどうなんですか?

壁たかいっしょ。

高いし、高いっしょ。

やっぱり壁はやめときましょうって。

えっ?

そんなこと言うなら、もう守ってあげないもん?

それがイヤならお金出せ?

いやいやいや、何言ってるんすか〜。あなたたち、日本を守ってくれたことなんて一度もないじゃないですか。

あなたたち、スタンばってるだけで何もしてくれないですよね。沖縄県民レイプしてるだけですよね。

いいですよ、じゃあ、さっさと基地取っ払ってアメリカに帰ってくださいよ。ウチの沖縄県民も、その方が喜びますよ。ういんういんじゃないですか。

え?

ごめんなさい?

やっぱり基地おかせてください?

カジノ解禁すんならパチンコを公営ギャンブルにしなさい

終わってる

だいたいさぁ

腐ってんだよなぁ

パチンコのアドバイザー

→元首相

パチンコ検定してる人

→元警視庁警視総監

マジで

終わってんだよなぁ

それで、カジノ解禁法案衆院で可決とかw

天下る気満々じゃねーかww

遊戯(笑)

サラ金、ヤミ金、借金地獄

なぁ

日本にどれだけギャンブル依存症がいると思ってんだ。

学生、サラリーマン、主婦、生活保護

どいつもこいつも貧乏人だぞ

これ、ぜんぶ野放しにした国が悪いからな

何が三店方式だよw

誰が見たってギャンブルだろうが

賭け麻雀ダメ、パチンコオッケー

大麻ダメ、タバコオッケー

アホか

経済効果とか知らんけど

公営カジノということは、入場はそれなりに厳しいのだろう。

借金あったら入れないとか、前科あったら入れないとか、きっとそのぐらいはやるんだろう。

いや、

だったらパチンコもそうしろよって話でしょ。

生活保護のカネでギャンブルしていいのか?

サラ金で借りてギャンブルしていいのか?

ダメだろw

その人ぜったいダメになるだろw

なんで見捨てるの?

儲かるから?

わかってるけど

まぁ

みんなわかってるんだろうけどね。

こんなのおかしいって。

どこの駅前にもパチンコ屋があるから、麻痺してるかもしれないけどね。

これは、やっぱりおかしいんだよ。

おかしい。

でも、変わらない。

みんなが変えようと思わないから、変わらない。

 

お金がたくさんあったら人生楽しいのかなあ?幸せなのかなあ?

幸せってなんだろうという純粋な疑問

なんとなく幸せをイメージしてみる。

おっきい家にすんで、家族がいて、仲良く暮らしている。お金があって、いつでもどこでも旅行に行ったり、必要なものをそろえられる。

たぶん、一般的に幸せってこんな感じなのかなあと。

でも、こうやって「幸せ」をイメージしてみると、絶対欠かせないのが「お金」なんだよね。

やっぱり経済的な自由って大きいし、イメージで言えばやっぱりお金でしょってなる。

「カネで買えないものなんて、この世にあるわけないじゃないですか。」

ホリエモンがこう言うぐらいですから。

でも、そしたら貧乏だと幸せになれないのかって話になる。なので、ここでは「お金」という観点から「幸せ」についてちょっとだけ考えてみます。

お金があったら何が良いのだろう

とりあえず、お金があるメリットを考えてみる。

たとえば、株で何億も持ってる個人投資家とか、テレビに出てるようなお金持ちを見て、どう思うか。

オレは彼らと比べて自由にお金を使うことができない。家、食べ物、衣類、遊び、何をするにしても制限付き。

その点、お金持ちってその制限が少ない。

自分の好きなものを好きなだけ買って、高級なものを食べて、タワーマンションなんかに住んだりして、楽しそうだと思う。

確かに、憧れはする。

お金があったら何がダメなのだろう

次に、お金があるデメリットを考えてみる。

オレはお金持ちになったことがないし、目に見えてお金持ちの人と知り合ったことがないから、これは正直いってよくわからない。

でも、なんとなく想像はできる。

たとえばテレビに顔を出している人なんかは、外を歩くだけでも大変でしょう。仕事だって、ミスが許されない。

それと、お金があるってことは、お金を守らなければならない。

ちょっと油断をすると、お金を狙って色んな人が寄ってたかってくる。要するに、「お金持ち」を利用される立場になってしまうということですよね。

経済的な自由はあっても、私生活の自由が奪われる。

お金持ちも、なんか大変そう・・・。

大切なことは何だろう

やっぱり、お金持ちイコール幸せとはならなさそうです。

まあ、ここまで書いておいてなんですけど。

仮にお金持ちイコール幸せなのであれば、貧乏イコール不幸ということになりますからね。

オレはどちらかといえば貧乏だけど、別に幸せだと感じていますから「幸せ」はもっと別のところにあるのでしょう。

アドラー心理学では、幸せを「貢献感」だといってます。

要するに、自分が何かの役に立っている、存在に価値があると自分で認められることで幸福を感じるということみたいです。

たとえば、手取り15万の貧乏サラリーマンでも仕事が楽しくて、周囲に何かを与えられる自分を認めることができれば、それは幸せだということでしょうか。

だとすれば、オレはやっぱり幸せですね。

何かを与えられる自分の価値を、自分で認められる。

お金でも地位でも名誉でもない。

幸せって、意外と身近なものなんだなぁと思います。

勝負の世界の住人

アドラー心理学は、勝ち負けで生きていると、幸せにはなれないという。

たとえば、人を評価して自分と比べて、優劣を競おうとする考え方。

「サラリーマンはくそだ。会社の歯車になって一生すごして、貧乏のまま死んでいくんだ。でもオレはちがう、あいつらよりも金持ちで良い服を着ている。オレは幸せだ。」

こうやって、他者と競争して一番になることばかりを考えていると、今度はそのプライドをまもらないといけなくなる。

そしてそのプライドが維持できなくなったとき、今まで感じていた幸せが崩壊してしまう。

確かに、それじゃ不幸だなあと思う。

だから、幸せになる第一歩は「勝負を降りること」なんじゃないかなと。

評価するんじゃなくて、ありのままを認める。尊敬する。みんな対等な仲間なんだと考える。

流石、哲学者の言葉は理にかなっているよね。

優劣や嫉妬からの解放

優劣を考えると、とたんに勝負の世界に入り込んでしまいます。

たとえば、最近オレは絵を描いてるけど、優劣で考えたらオレより上手い人ってたくさんいますよね。

そうすると、あいつより上手くなってやろうとか、あんなに上手く描けないからあきらめようとか考えてしまうわけなんですけど。

そうじゃなくて、どうせ考えるのなら、未来の自分を考えたいです。

たとえば、色んな絵をパッと描いて喜ばせることができる自分。それに対して、今の自分に劣等感を感じる分には健全じゃないですか。

なので、オレは「人を喜ばせられる絵を描ける自分」に劣等感を感じることにしています。

それが身についてくると、やる気マックス。

そこには嫉妬もありません。

まあ、好きなように生きますよ。

なんか長くなっちゃった。

そろそろまとめないと・・・^^;

てことで。

まあ、オレは好きなように生きていきます。

自由に、好きなように生きていきます。

仕事がつらくても、身体が不自由になっても、病気になってもです。

だいたいのことは、考え方だけで解決するものですよ^^

「僕」という一人称が気持ち悪い件について

「僕」を貫いてきた僕だけど

プロブロガーとか、「僕」を一人称にしている人が多いんですよね。

なので、真似して「僕」にしてました。

よって普段は「俺」、仕事中は「私」、ブログでは「僕」と使い分ける日々。

→クソめんどくせぇ

ていうか、「僕」って単語自体が生理的に受け付けない。

なので、そろそろ変えちゃっていいかなと思うのです。

 

一番最初に思いつくのはやっぱり「俺」

→バカっぽい。

 

次に「私」

→気持ち悪い。

 

であれば、「黒サケ」か。

→ブリっ子っぽい。

 

てことは「僕」?

 

考え抜いた結果・・・。

「オレ」に決定。

確かホリエモンも一人称オレだったし。

文章にしたときのイメージ的には、「オラオラしてる」とか「バカっぽい」って感じになると思うけど、実際そんな頭良くないので関係ない。

 

頭悪いクセにニワカ知識で

「僕はね、こう思うんですよ。」

とか書いちゃうよりかはマシ。

 

もしもし、オレだけど

ごめん、今ちょっと風邪ひいてて喉の調子悪いんだ。

それと、携帯も壊しちゃって。

番号変わったから、電話したの。

最近会ってないけど元気だった?

そっか。よかった。

オレ実は、困ったことになってるんだ。

オレ、どうしても小栗旬になりたくて。

友人に勧められて「たった三日で小栗旬になる方法。」というセミナーに行ったんだ。

それで、講師に言われるがままに、お金払っちゃった・・・。200万。

うん。今しかないって言われて、焦って消費者金融からかき集めて。

でも試したら、バナナマン日村になってて・・・。

 

 

え?

 

 

もともと?

 

 

人は敷かれたレールから外れるのが怖いんですよ←(゚Д゚)ハァ?

それがどうした?

と言っては話が膨らまないので自重する。(できてないけど)

「人は敷かれたレールから外れるのが怖いのです。だから、大学へ行って就職するのです。」

これも最近では、腐るほど耳にするようになりました。

特に怪しい商売に手を出した、教徒みたいな大学生が語ってますね。あとはブログでも、こういった記事をよく見かけます。

もう、なんというか。

「またか^^;」って感じ。

そのネタ、飽きましたよ。

 

やたらと断言する人。

「そうは言いますど、僕は高校すら行く気ありませんでしたよ。僕の周りにも、そういう人たくさんいましたし。」

「レールから外れるのが怖いとかじゃなくて、親に怒られるからとか、友達と離れたくないとか、もっとシンプルな理由があると思いますけど。」

 

「敷かれたレール」がどうのとか、いきなり言い出す人はたいてい何も考えてないように思えます。

実際に、僕がこうして適当に突っ込むと、すぐごまかして感情論にすり替えてくるのです。

つまり、何の根拠もなく「受け売り」でそれっぽいことペラペラと言いふらしているだけだったのです。

 

思考停止型の黄金パターン。

「うちの子の成績が伸びないのは、アナタの教育が悪いからですよ!!」

モンスターペアレンツと言ってること変わんねえ。

 

敷かれたレールでいいじゃん

何が悪いのか全然わかりません。

大学に入学するって、大変なことですよ。卒業するのだって、大変なことです。

誰にでもできる事ではありません。普通に、すごいことだと思いますよ。

大学へ行っている人は総じてアホである、みたいな言い方をしているけれど、大学へ行っている人の中でも、あなたよりもずっと有意義に過ごしている人だってたくさんいるはずです。

勉強しないで遊んでいる人たちだって「遊び」という重要な科目を学んでいると考えることができます。これも、誰にでもできる事じゃありません。

であれば、「敷かれたレール」がダメという根拠は、いったいどこにあるのでしょうか。

 

それは、あなたが悪いんですよ。

中途半端な大学生によくいる。

「大学行っても時間の無駄。」

「だから、行く意味が無い。」

いやそれ、自分のせいだし。

なに勝手に大学のせいにしてんのって感じ。

ださすぎw

新しい自虐ネタですか?w

 

ぜんぜん心に響かねー。

総じて言える事は、心に響かないということ。

薄っぺらいのが見え見えでシラける。

そんな言葉で人を感動させられるんだったら、全員ヒトラーになってるよって話です。

 

有名ブロガーの記事ってつまんなくね

炎上狙いにしても芸が無いな

有名ブロガーの記事って、読んでて面白い?

なんというか、たいした内容じゃないのに無駄に掘り下げて書いているイメージ。

これは、つまらない。

例えば批判的な記事を見ても、なんだか分からん身内ネタばかりで何のこっちゃという感じになる。

これも、つまらない。

やたらと投稿はしているものの、ネタがないのか手抜き感がすごい。

つまらない。

その程度なら僕でも書けます

余裕で書けます。

しかし仮にもプロブロガーが僕にでも書ける記事、その程度の記事を書いてガッポガポ稼いでいる。

そう考えると、意外と内容なんてどうでも良いんだなぁと思ってしまう。結局は「その人が書いている」ということで読まれているだけのことなんでしょう。

その付加価値が評価され検索上位に君臨して、更にアクセスが増えて、さらに評価が上がる。

なんという好循環だ。ズルい。せこい。

 

有名になったら勝ちの世界

だったら、記事の内容を考えるよりもバカな事をやって、有名になった方が手っ取り早いのではないかと思う。

あんまり内容が重要じゃないのなら、あとは知名度しかありません。実際にプロブロガーよりも芸能人の方が、よっぽどブログで稼いでるんですよね。

ブログ単体の収入だけで言えば、プロブロガーの5倍ぐらいは稼いでます。中には一月で500万ぐらい稼ぐ人もいるんです。

プロブロガーでさえ「ブログ」というジャンルで芸能人に勝てない、と。

ああ、途端に夢の無い話になった。

まるで売れないバンドマン

無数に存在する売れないバンド。

ギターを弾いていたころは、しょぼいライブハウスによく行ってました。

しょぼいライブハウスに集まるのは、基本的にはしょぼいバンドばっかりですが、中には凄いバンドもたくさん居ました。その辺のメジャーデビューしているバンドよりも、ずっと良い曲を演奏していました。

でも、そんな凄いバンドでさえ知名度が無いってだけで売れません。

どれだけ良い音楽を奏でようとも、客が居ないんじゃどうしようもない。

彼らは音楽に対する熱はあっても、営業に対する熱がなかったから失敗に終わったのです。

 

結局、集客かい

企業して成功する人が、営業上がりのパターンが多いのはこういうことなんでしょうね。

例えば、売る商品が使用済みのティッシュだろうと、集客する能力があって買いたいと思わせる能力があれば、ビジネスは成り立つんですね。

逆にエリクサー並の回復力を持つ素晴らしいアイテムも商品にしたとしても、集客できず、買いたいと思わせられなければ商売にすらなりません。

どれだけ技術があっても、良い商品を作っても、それを「売る能力」がなければ意味がない。

なるほどね。

 

めんどくさそう。

 

 

小者ほど自分を語りだす。だから何だという話です。

気持ち悪い自己紹介

ツイッターの「せどり」「情報販売」「アフィリエイト」「投資」系のアカウントなんかでよく見かけます。

「私は今まで社畜でした。そんな時、ある人のセミナーに参加したのをきっかけにネットビジネスを展開。今ではガッポガポです。」

はあ〜、身震いしちゃいますね。この上無いほど気持ちの悪いテンプレートです。

こういうアカウントは、何のツール使ってんだか知らないけど、やたらとフォロワーがいますよね。一見して凄そうですが、よく見るとだいたいフォローも同数存在するので、たいして人気者じゃないということです。

「あなたもガッポガポになりましょう。その為にセミナーに参加して、私をガッポガポにしてください。」

要するにそういう事。

 

ただよう小者臭

「稼いでます」とか「楽してます」とか自己紹介しちゃう時点で、もう小者以外の何者でもありません。

これはブログの紹介なんかでも、まったく同じことです。

「月間○○万PV、○万人に読まれているブログを更新しています。」

へ〜、そんな読まれてんの?

どれ、見てやろうと思って覗いてみると、だいたい「何だこれ^^;」ってなるわけです。

 

結局、そうやって「自分を大きく見せる」ことでしか自分を紹介できないような「ちっさい人間」なのです。

小者かどうかを見極める

言葉の矛盾を探すよりもカンタンな方法があります。

特にツイッターは本当にカンタンですよ。

紹介文に「過去のこと」を書いているかどうかを見れば良いのです。

例えば「生い立ち」とか「稼ぎ」とか。

 

「自己紹介なんだから、生い立ちぐらい普通でしょ!」と思うかもしれませんが、全然普通じゃありません。

 

基本的に、初対面の人間に対してイキナリ過去の話を持ち出すのはおかしいんです。

「はじめまして!昔はこうでした!」

ね、おかしいでしょ?

 

有名人とか、人気のアカウントの紹介文を見てください。だいたい現在進行形の内容を盛り込んでいるはずです。

「僕はいま、こういう事をやっています!」

これが普通なのです。

 

ツイッターだけじゃない

現実世界でも、何かの儲け話に「過去の話」をする人はだいぶ怪しいです。聞いてもないのに、いきなり苦労話や実績などををつらつらと述べる人に、まともな人間はいないと思って良いです。

詐欺師というのは「早く大勢を騙すこと」を好みます。

その為には、リアルな苦労話や実績を大勢の人に提示するのが手っ取り早いということです。世の中に存在する一定数の「騙される人」を騙せれば良いという考え方なのですね。

 

でも、上記にある通り「過去の話」に普段から気をつけていればリスクは軽減できると思います。

「騙されやすい人」でも、ちょっと気をつければ巻き込まれずに済むことも多いのです。

 

「ん?怪しいな?」と思った時は、参考にしてみてください。

人を見極めて、具体的な話を聞く前に「ノー」と否定できるようになりましょう。

 

「スーッ」と語尾を伸ばす人がうざい件

ありがとうございまスーーーーッ

飲食店の店員とかにたまに居る。語尾の「す」をやたらと伸ばす人。

無意識なのか何なのか知らないが、はっきりと言ってうざい。

せっかくのランチが台無しになるレベルでうざい。

「す」というのは、発音的に「スーッ」と息を吐くしかないのである程度は仕方がないとは思うけれど、耳につくぐらい長く伸ばしてるヤツはヤバイと思うよ。

はやく直さないとこの先、たかが「す」の発音で損をし続けることになる。

恋愛、面接、仕事、あらゆる場面で「うわ〜、こいつの口癖うぜえなぁ」って思われ続ける。

もったいないぞ

早口、貧乏ゆすり、語尾を伸ばす。

このように周囲を不快にさせるような癖を持っていると、自分の可能性を狭めてしまうかもしれません。

こんな事で損をするのって、すごくもったいないしバカバカしいことなんですよ。

癖を直すのは時間がかかりますが、自分でわかっている事なら今すぐにでも直す気でやった方が良いでしょう。

また、もし自分の周りに不快になるような癖を持っている人がいたら、教えてあげてくださいな。

無意識に損し続けている人を救えるのは、それを見ているあなただけなのです。

 

「情報販売」「セミナー」はクソビジネス。さっさと滅びろ

どんだけクソの匂いがプンプンしてても、嗅覚が弱くて気がつかないんでしょうね。

自分がクソ垂れ流してても、気がつかないんでしょうね。

かわいそうに・・・。

情報販売の営業?www

先日「ネットビジネス」で成功して「ノマドワーカー」をやっているという、自称ネットビジネスマンのお二人にお会いする機会がありました。

情報販売はゴミを売る仕事!?実際に「情報販売の勧誘」をされてみた結果

詳細については上記リンクを読んでいただきたいのですが、実際に会って話を聞いた感想を率直に申し上げますと「非常につまらなかった」です。

よくもこんなつまらない話の為に新宿まで呼び出したなって感じでした。

当時は「僕はやらないけど、いんじゃないの?」って感じで、僕の中で「情報販売」についてあまり考えが纏まっていないのですが、今回新たに思う事がありましたので記事を書いております。

 

スキルや経験がなくても稼げる?

「僕たちのような能無しのゴミクズでも、このセミナーに参加して、スクールに通って受講して、言われた通りにやったら稼げるようになるんです^^」

とか胸張って言われても困りますね・・・。

そもそも、スキルや経験がなくても稼げるなんて当たり前の話なんですよ。誰だって最初からスキルや経験などありません。

「だからこそ、プロに教えてもらうんです!」

彼らはこう言いますけど、本当に絶対にそうなのでしょうか。

今回僕が会った自称ノマドワーカーさんは、何の役にも立たない情報を信者に売りつけるだけでは飽き足らず、その売り上げを15%も上納していると言うのですが・・・。

果たしてこれが本当に「素晴らしい仕事」だと言えるのでしょうか。

 

「洗脳」を使った「洗脳」

彼らのような「情報販売の営業ごっこ」をしている人は、端的に言って洗脳されています。

二人と別々に話を聞いてわかった事ですが、二人ともお揃いで同じような言葉を選んで使っていたのです。

 

「日本人は洗脳されているんですよ。」

「こうやって洗脳されてきたんです。」

「これができないぐらい洗脳されてるんです。」

 

やたらと「洗脳」というワードを使っていたけれど、これだけではない。気持ち悪い事に、言動そのものがまるで同じだったのです。

恐らく、セミナーやスクールで習った事をそのままインプットして、自分というフィルターを通さずにアウトプットしてしまっている状態なのでしょう。

純度100%

良いコマですね。

彼らは「習った事」イコール「正しい」と疑わず、思考停止してしまっているのです。

つまり「洗脳」されていると言えるでしょう。

 

「本来情報に価値はない」「だけどバカは買う」と主張しつつも、自分はセミナーやスクールにお金を払い、売り上げを奪われ、意味のない営業をこなしている事に、何の疑問も抱いていないのです。

「あなたたちは洗脳されています。」

という言葉で「たしかに!」とがっちりと心をグリップされ、いつの間にか自分が洗脳されている事に気がついていないのです。

自分には何のスキルもないと「洗脳」され、あなたにもできると「洗脳」され、中途半端で宙ぶらりんで、自分が何をしているかもよく分かっていない。

滑稽ですね。

 

情報販売、セミナービジネスの9割は「詐欺」まがい

彼らには、金しか見えてません。

調べればタダで手にはいる情報を2万とかで売るんですよ?

読者の為を思っているのなら、彼ら曰く「ウィンウィン」を理想とするなら、「正しいググり方」を商材にしているはずじゃないですか。

 

そもそもが「ボッタクリ」なんですよ。

 

「自分を安売りしない」とか言ってましたけど、普通にボッタクリなんで。

人を騙して金を奪う詐欺師と手法は変わりません。

セミナービジネスもそう。

ほとんどは「中身の無い事」ばかりをそれっぽく饒舌に語っているだけのクソビジネス。セミナー+情報販売ときたらもうクサすぎて鼻が折れるレベルです。

それを「ビジネス」だの「成功」だのと謳われては呆れてものも言えません。

 

人を騙して楽しいですか?

しかし世の中不思議なもので、明らかに胡散臭い商品でも買ってしまう人は必ず一定数存在するんですよね。

だから、何も生み出さないバカみたいなビジネスが成り立ってしまうのです。

 

彼らのような「情報」という名のゴミをバラまく輩がいるおかげで、本当に「価値ある情報」を求めている情報弱者が損をするのです。

全然、フェアじゃない。

ウィンウィンでもない。

つまらない。

 

僕はこの記事で、情報販売奴隷の皆さんに問いたい。

そんな事して稼いで、本当に楽しいのか?

少なくとも、あなたの周りから人が離れていきますよ。

ああ、理解できない人はどうでもいいんでしたっけ。そういうスタンスでしたっけ。それではお好きに、気がすむまで奪われ続けてください。

 

 

土曜日に残業とか意味わからんし

どうにもならん

うちのリーダーは確かにダメだ。

しかし、いくらダメなリーダーだからと言って毎日22時ぐらいまで残業して、終いには期限間に合わず土曜まで出社して残業するってどうよ。

これ、誰がリーダーやっても終わらなかったんじゃないの?

これだけ頑張っても終わらないという事は、そもそもできる仕事じゃなかったって事だろう。

無理だ。

無理ゲーだ。

これじゃ本当に、頭をさげるのが仕事の万年平社員じゃないか。

 

これが社畜か

最近になってようやく社畜について理解する事ができた気がする。

こんなに働いて頑張っても怒られるだけなんだ。

 

奴らは過程なんか見ない。

結果を出せなきゃどんな悪条件だろうと怒り出す。

 

そうしている内に、残業が普通になり頭下げるのが普通になり、社畜という名の歯車ができあがるわけだ。

 

なるほど、しんどい。

 

どいつもこいつも

仕事漬けで夜中に帰ったり、休日出社したりしてわかったけど、同じような事してるサラリーマンは腐るほどいる。

同じどころか、それ以上に過酷な労働をヘラヘラと続けてるバカがいる。どんな時間、どんな日に電車乗っても必ずサラリーマンは存在するんだ。

こんな時間に帰るのは僕ぐらいだろう、こんな日に出社するのは僕ぐらいだろうと考えていたのに、あっさりとハズれた。

やっぱり、これはおかしいよ。

 

これじゃあ幸せになれないよ。

成長できないよ。

人として、会社として、国として。

 

いや〜ダサすぎる。お前らマジで、最高にダサいよ。(オッサン道)

お前たち、言われた事だけやってんのか?

オイオイオ〜イッ!

シャアスッ!

オイオイ、オイイィィー!

シャアアアアス!

 

お前だよ

シャアスッ!

お前!

シャアスッ!

いや、お前もだよ

シャアスッ!

お前も!!

シャアスッ!

オイイィヤァ!

シャアアアアスッ!

 

お〜いおいオイ

オイッオイッ!オイオイッ!セイヤッ!ハッ!

シャアスッ!セイヤッ!

 

お前らなぁ、何かを信じるのは結構だがよ

言われた事をやってるだけでエラくなれるとか思ってんじゃねえのか?

ノッシャアセッス!!

何言ってるかワカンねえよボゲがァ!!

シャアス・・・。

 

何かを得る→そのまま使う

そんなだから甘ちゃんなんだよ、誰もついてこねえ

 

いいか?

シャアスッ!

 

よ〜く聞けよ?

セイヤッ!シャアスッ!

 

何かを得るってのはタダじゃねえんだ。お前たちは得ているようで実は失っているかもしれないんだ。何かを与えるヤツは、自分が得をするから与える。

なあ、ちゃんとゆっくりと考えてみろよ。

その言葉が、考え方が、本当にお前の為だと思うか?

ちゃんと自分のアタマで考えたのか?

てめーのフィルター通したかって聞いてんだよ!オイッ!

シャアスヤァアァッセオシェスッ!!

 

わかってねえなあ。わかってねえ、全然ダメだ!!

シャアスヤァセオシェス・・・。

 

お前らみたいのをなぁ、思考停止っていうんだよ。

自分が正しい!お前は違う!

そんな事ばっかり言ってる奴らはクズだ!

はっきり言って、きもちわりーんだよ!

シャアスヤァアァッセオシェスッ!!

 

何言ってるかワカンねえよボゲがァ!!