アホガール【ストーリー・概要・感想・評価・レビューまとめ】

アホガールのストーリー・概要

 

空前絶後のアホの子、います。――週刊少年マガジンで連載が始まると圧倒的な反響を得たアホの子漫画!

アホすぎる女子高生・よしこの日常は、とにもかくにもアホすぎて、幼なじみのあっくんも思わずグーで殴るレベル!?

読むと結構元気になるよ!! 買わなきゃ読めない!!

描きおろし10ページオーバー!!

出典:Amazon

筆者の感想・評価

アホガールは2017年8月現在、アニメ放送中の人気作品ですね。

筆者はアニメから入りましたが、普通に面白いと感じて原作を購入しました。

出典:アホガール

4コマ漫画がベースになっていて、一つのネタ、一つのオチという形でスラスラと読み進められるし、いつでも読み終えることができるので非常に読みやすく感じました。

アホガールこと「よしこ」のアホっぷりには笑う以外にないでしょう。

他にも、真面目過ぎてむしろアホのさやかちゃんや、幼馴染のあっくんの突っ込み、委員長のストーカーなども非常に魅力的です。

また、あとがきには作者の漫画家になる過程が描かれていて、なるほどなぁと思ったりしたのも評価できる点かなと感じます。

アホガール

 

レビューまとめ

スピリチュアルマスターだ

ギャグが面白いのはもちろんだけど、
スピヲタの僕からすると、よしこはマスタークラスの人間に感じる。
自分に正直で既成概念にとらわれない生き方は素晴らしい。

大爆笑~!

(ネタバレを避けるため、内容には踏み込みません)

ジャケ買いしました。

題名から主人公が「アホ」だとわかっていましたが、読んでみたら想像を絶するほどの”アホ”でした。
これだけ笑えるおバカなマンガは珍しいと思います。
“新種”のギャグマンガかもしれません。

一番強烈なのは、120ページのバナナのギャグです。
算数の問題ですが、オチで死ぬほど笑いました。
涙が出るまで笑ったのは、何十年振りでしょうか。
テレビでチャップリンの『黄金狂時代』を見て以来だと思います。

もちろん2巻も買います。

清々しいアホさ!

なんだかよくわからないけど、清々しいまでのアホさです。脳が疲れたときに読むといいかも。

おもしろい

おもしろい。わらえた。アホの子が、かわいい。のりがよい。またよみたい。

面白かった。

四コママンガだけど、ちゃんとストーリーがつながってて、よしこが天真爛漫、嫌みのないお馬鹿ちゃんっぷり。何度か、クスッとしてしまいました。テンポも良くてイッキ読みしました。

本当にアホすぎてちと辛い

いくら何でもこれはまずいでしょうレベルのアホさ。勉強云々の前の話が
ありますが、漫画なのであんまり突っ込まないようにします。
17年夏季にアニメ化されるので楽しみです。4コマのテンポを落とさず
綺麗にアニメ化してくれることを期待します。プライムビデオで是非採用してください。

面白い

面白くて、話の流れに勢いがある。
それぞれのキャラが立っているし、
読みやすいと思う。

大爆笑

タイトル通りアホな女子高生、花畑よしこのアホな日常とそれにツッコミをいれる阿久津明(通称あっくん)の4コマギャグ漫画。

それに加え隅野さやか、風紀委員長、黒崎龍一、花畑よしこの母よしえ、阿久津明の妹、阿久津瑠璃など脇役のキャラ一人一人が非常に魅力的に自分は感じた。主人公のよしこは常に本能全開でほんとにアホ丸出し。

ジャケットだけみたら可愛い女子高生だけど行動がまるで猿そのもの。バナナが大好きで体力も非常に野性的で100kmをなにくわぬ顔で走り切る。

運動神経抜群なんだけど学力は全て0点を取る程のアホさ。かけ算はおろか足し算も指を使う範囲までしか出来ないという。

ジャケットが気になって買ったけど、久し振りに声を出して爆笑してしまった(笑)すぐ既巻全て購入した(笑)下ネタも多いし可愛いキャラが下品な行動を連発するからひく人もいるだろうしダメな人もいるかもだけど、疲れた時や悩みがある時に読むとそんなの全部ぶっ飛んだ(笑)こういうぶっ飛んだ漫画が大好きな自分は問答無用で☆5だわ(笑)

出典:Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です