名探偵コナン【概要・感想・評価・レビューまとめ】

「名探偵コナン」のストーリー・概要

高校生探偵・工藤新一は大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持ち、「日本警察の救世主」とまで言われていた。ある日、幼なじみの毛利蘭と遊園地に遊びに行った新一は、謎の組織の取引現場を目撃する。取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間によって背後から殴り倒され、口封じのために毒薬を飲まされる。だが、組織も知らなかった薬の副作用によって神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生の体となってしまう。
自分が生きていることを組織に知られたら再び命を狙われ、周囲の人間も巻き添えにしてしまうと隣人の阿笠博士から助言を受けた新一は、正体を隠して江戸川コナンと名乗り[注 5]、蘭の父・毛利小五郎が探偵であり、謎の組織の情報が得られると考え、蘭の家に居候する。
以後、コナンは周囲で次々に起きる事件を持ち前の推理力や、阿笠の開発した万能アイテムを駆使して解決していく。同時に、元の身体を取り戻すために謎に包まれた黒の組織の陰謀を追っていくことになる。

出典:Wikipedia

筆者の感想・評価

名探偵コナンと言えば、古くからある名作中の名作と言えるかと思います。

筆者が小学生くらいの頃には、毎週土曜日に放送されていたような気がします。(日曜日はちびまる子ちゃん&サザエさんなので土曜)

コナン君の行くところ、殺人事件ありなんて皮肉なことも言われていますが、タイトル通り少年が殺人事件の謎を解くストーリーです。

事件のトリックに関しては、シャーロックホームズに強い影響を受けていることが伺えますね。

大きな流れとしては、コナン君が子供に戻ってしまった原因である「黒ずくめの男を追う」というものがありますが、基本的には上記のように殺人事件の謎を解いて一件落着という短い内容になります。

なので、続きが気になる!というよりは、もう一話読もうかな~?といった感じで読み進めることになるのかなと思います。

名探偵コナン

レビューまとめ

工藤新1〜江戸川コナンへ

同時分の推理漫画では金田一〜の方が所謂本格的であってミステリファンを唸らせる構成も
多いと思いますが、〜コナンの魅力と云えば何といっても青山先生の描く何ともファニーな
絵と豊潤で独特なキャラクター達ですよね!!!
枠にとらわれないトリックもさながら、どれだけ残酷なやり方(殺り方)だったとしても
最終的に事件が解決すれば、変に後腐れが残らない描き方も魅力なのかもな〜。

男女年齢問わずコナンの名推理でワクワクドキドキしよう!!!

素晴らしい

素晴らしい作品だと思います。自分の頭も鍛えることができます。コナン頭よすぎです。皆さん、是非読んでみてください。後悔しません!!!!!

始まり

今ではもう88巻出ている名探偵コナン
改めて最初から見るとやっぱり面白いですね
1巻なので灰原や服部等はいませんが、楽しめます
夢中になって一気読みしてしまう中毒性がコナンにはある

青山先生が架ける7色の虹

大人特有の背徳じみた黒い羨望が犯行動機だったり、ベートーヴェンのピアノソナタ『月光』を題材にした幻想的な事件を描いたり、子供のゲームソフトを謎解きのファクターに用いたり、兎角この人は着想・構想・構成すべての面でセンスが良い。どんな材料でも上手い具合に彩色する様には目を瞠りますネ。主体性のなさを逆手にとって推理好きのツボを常に刺戟してくれます。

出典:Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です