足し算の攻めの基本【初心者向け将棋講座】

攻めの基本編ということで、まず最初のテーマは、「足し算」です。

足し算というのはそのままの意味で、駒を足していくことをいいます。

これは、例えば歩一枚では相手を困らせるような攻めができないので、そこに飛車とか角を足していくという発想で、攻めの考え方の基本中の基本となります。

具体的にいえば、駒一枚で守っているところなら駒が二枚あれば突破することができる、ということです。

さっそく、具体例を見ていきましょう。

将棋における足し算の考え方

まずは、足し算の説明でよく使われる「棒銀」と呼ばれる形についてみていきましょう。

先手がここから攻めるにはどうしたら良いかという問題です。

この図でのポイントは2三の地点に効いているコマの数です。

後手は金が一枚で、先手は今のところ0枚ですね。

ということで、一見して金が守っているから攻められなさそうに見えますが、ここでの正解は▲2四歩で、以下△同歩▲同銀となります。

さて、先ほどの図から3手進んだ局面ですが、ここで2三の地点に効いているコマの数を数えてみましょう。

後手は相変わらず金が一枚ですが、先手は飛車と銀の二枚が効いています。

つまり、これで先手の攻めが成功なんですね。

例えばここから△2三歩と打ったとしても、数が足りているから▲同銀成と取れるわけです。

ここで△同金なら、▲同飛成りで、先手が一方的に大駒を成りこんで有利になります。しかし、後手も有効な受けがないので、どうしようもないところですね。

つまり、このように足し算の攻めを考えていけば、自然と攻める手が思いつくということです。

足し算の攻めの実践例

とはいえ、実戦においては先に紹介した例のような局面にはほとんどなりません。

相手も相手で、簡単に攻められないように工夫して守ってくるからですね。

ですので、ここでは実戦においてよく見かけるような形をいくつかご紹介いたしますので、イメージをつかんでほしいと思います。

さて、これが実戦における次の一手の問題図です。

後手は王様に金銀がたくさんくっついていて、一見してすごく堅そうに見えます。

しかし、ここでは▲1五桂と持ち駒にある桂馬を打つのが良い手です。

この図をよく見ると、先手の香車と桂馬が2三の地点に効いているのに対して、後手は玉の一枚だけしか効いていません。

そして、玉の周りにいる駒のどれを動かしても、2三を守ることはできないので、実はこれで攻めが成功する形なんですね。

これは実戦で良くある攻めで、取った香車や桂馬を打って相手の弱点に足し算の攻めをするという手になります。

桂馬と香車を持ったら、まずは考えたい手なので、覚えておくと良いでしょう。

さて、次は相手が穴熊のパターンですね。

一見して相手玉は堅いですが、弱点があります。

それは、2一の地点ですね。ここは玉一枚しか守ってませんので、▲3二銀と持ち駒の銀を使えば、2対1で攻めが成功します。

ここで仮に、後手に持ち駒があり、3一に何か打って2一の地点を守ったとしても、今度は3一の地点が2対1なので、先手が駒得することができます。

例えば、△3一金なら、▲同銀△同銀△同飛成で、先手の銀一枚と後手の金銀の交換なので先手が有利ということです。

これはこの形じゃなくても良くある筋なので、覚えておくと良いでしょう。

これも実戦における次の一手問題です。

相手の王様は金銀三枚の銀冠という堅い囲いで攻めるのは難しそうに見えますが、実は弱点があります。

それは、3一の地点です。

ここには、先手の飛車と角が効いていて、後手は金と玉が効いていますので、今のところは2対2ですが、▲3一金と打てば3対2となるので、先手の攻めが成功します。

▲3一金と打った局面では、後手はこの金をとることができません。

△同金なら、▲同飛成以下の3手詰めです。

放っておけば▲2一金なので、実は後手には受けがないんですね。

ですので、攻めのポイントはこのように相手の弱点に駒を足していくことにあります。どれだけ堅い囲いでも、数で負ければ潰れます。

足し算の攻めのポイント

ここまで足し算の攻めについて説明しましたが、ポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 受け駒より、攻め駒が一枚でも多ければ攻めは成功する
  • 相手の弱点をみつける(駒の効きが少ない場所)
  • 相手の弱点に攻め駒を足して、攻めを狙う

まず、足し算の考え方の大前提としては、相手の受け駒+1枚で攻めれば突破することができるということですね。

この理論さえあれば、攻めが成功するにはどうしたら良いか読みやすくなるはずです。

そして次に、相手の弱点に対して足し算をするということ。

いくら足し算で攻めが成功するとはいっても、終盤で相手の玉の反対側にある香車に足し算の攻めをしても意味がありません。(当然ですが、、)

足し算の攻めは、成功しやすいかわりに駒を一点に投資することになりますので、使いどころが重要ということです。

多くの場合、自分の大駒を相手の陣地に送り込むためとか、相手の王様を攻撃するために足し算の攻めをしますので、ここを間違えないことは重要になります。

おわりに

ここまでで、足し算の攻めの基本についてご説明しました。

実践例では、少々難しい局面をピックアップしましたが、よくわからなくてもポイントさえ押さえていただければ良いかと思います。

本記事が読者の皆様の棋力アップに貢献できれば幸いです。

それでは、また次の講座でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です