五筋の位を取って穴熊にしようだなんて、欲張りすぎですよ。【将棋ウォーズ10切れ#10】

さてさて、本日も棋譜をご紹介いたします。

ここしばらく江戸時代流とかいって、薄い玉で金銀モリモリ上がる将棋ばかりやっていたんですが、さすがに勝率が悪かったので振り飛車でも指そうかという気分でした。

振り飛車はほんとに難しいので、指しこなせる感じはしないんですが、いつまでも逃げてても仕方がないということですね。

今回は振り飛車側から急戦を仕掛ける将棋で、割と面白い棋譜ができたかと思いますので、ぜひご覧ください。

四間飛車 VS 居飛車

後手が筆者で、相手は四段の方でした。

本局は、振り飛車対居飛車のよくある進行だったのですが、後手が5五歩と位を取ったので、激しい戦いとなりました。

たまに見る指し方ですけど、個人的にこれは欲張った手に感じますね。

本譜はここから△6三銀▲9八香△4五歩▲5七銀△7四銀と進み、露骨に角頭を狙って5五歩の位取りを咎めにいきました。

まぁ、咎めにいったからといって後手が有利ということもなく、お互いに穴熊に囲うのが自然だったでしょう。

しかし、将棋は理論だけでは語れません。

銀を引いたままで、悔しくありませんか?

こういう手には真っ向から反発したい。これが人間というものでしょう。

△6五歩から駒をぶつけて、早くも中盤戦になりました。

こうなると後手としては、もう2筋は放棄で玉頭を潰しにいくしかありません。

といったことで、ここで△4六角と棒角のような捌きを狙ったのですが、△4六角ではもっと良い手がありました。

これは、先ほどの局面から△6六歩と取り込み、▲同金とさせてから△4六角となった局面です。

確か、取り込むことで先手の角道が通るのを嫌って選ばなかった順だったのですが、こうして後で検討してみると単に△4六角とするよりも、△6六歩と取り込んでからの方が明らかに良さそうですね。

細かいところですが、勉強になりました。。

結局、△4六角から▲6五歩と角道を通され、△5七角成▲同金△4九飛成と進みました。

この局面では、どう見ても先手有利ですね^^;

飛車を成ることはできましたが、普通に▲7八銀とされるくらいで次の手が難しいし、先手は1一角成りからの単純な駒得狙いが残っていてわかりやすい。

5五歩と咎めたつもりが、無理攻め気味になってしまいました。。やはり△6六歩の取り込みを入れなかったのが大きいですね。

しかし、ここで先手は受けを間違えました。

△4九飛成の局面から、▲5二角△3九竜▲2四飛△4八歩▲5九金と進んだ局面です。

▲5二角からの強気な受けですが、これは悪手だったようで、ここではハッキリと後手が優勢になりました。

後手は何もしなければ▲4七金▲4八金▲4九金とジワジワ竜を取りに行く順があるため、ゆっくりはしていられませんが、次の△3三桂がピッタリの一手でした。

先手の7七角は5九金を守っていて動くことができないので成立した一手ですね。

以下、△3三桂▲2六飛△4五桂となった局面は、先手も戦意が失せたことだと思います。

なぜなら、2一にいた桂馬が0手で4五まで跳ねてきたのですから、、

以下、▲5七金▲4八から竜を取りに行く順を見せるくらいですが、それでは明らかに後手の攻めの方が早いです。

▲5七金に、△6六歩の垂らしが善悪を別としても気持ちの良い手でした。(プロっぽい手が指せた感じがして)

これの意味は、▲同角なら△5九竜で勝ち、▲同飛なら△5七銀で飛角両取り、何もしなければ△6七銀です。

まぁ、取る手だけは無いので本譜もとらなかったんですが、狙いの△6七銀が打てた辺りからは攻めが切れる心配もなく、温泉気分でしたね。

後手は6一の金が浮いているのが唯一気持ちの悪いところですが、仮に飛車を打たれても△7二銀と美濃囲いを完成させておけば鉄壁なので、ここでは後手が勝勢ですね。

以下は、適当な手で寄せていき、勝つことができました。(ところどころ変な手を指しましたが、、)

ちなみに、本譜は最後に△6三金として必至をかけて先手が投了されたのですが、実は簡単な詰みがありました。

正解は、△7八竜ですね。以下、先手が何を指しても△7四銀▲6四玉△6三金までの簡単な詰みです。

こういうところで詰みが見えないのは、終盤において致命的ですが、、残り2分を切るとどうしても焦ってダメですね、、

 

本局の解析結果

ソフトでの評価はこんな感じですね~。

形勢グラフはこの通りです。

先手が受けを間違えてからは一気に優勢になり、そのまま逃げ切れたという将棋だったようです。

詰みを見落としたのは正直恥ずかしいですけど、中盤の攻めは上手く指せたと自負しております。

現在、三段の達成率が70%くらいなので、四段を目指して頑張りたいですね。

それでは、最後までありがとうございました。

また見に来てください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です