【飛車厨VS角厨】ElmoとApreyを飛角入れ替えて戦わせてみた

本日、将棋ソフトをいくつかダウンロードしました。

将棋所をインストールするところから始まり、やねうら王をコネコネするのにかなり手間取って、ようやく動作環境が整ったということで、せっかくなのでコンピューター(AI)同士で対戦させてみようと思いました。

さらにせっかくなので、一時期話題になっていた動画の角と飛車を入れ替えて戦わせるというものをやってみたかったので、こちらも採用。

その話題となった動画では、一手一秒で実況をしていましたが、ここではブログということもあり一手5秒で設定。

CPU使用率が常に100%でPCが悲鳴を上げていましたが、なんとか無事終えたので以下に記載します。

第一局 飛車厨(Elmo)VS角厨(Aprey)

先手番がElmoです。

この将棋は、角厨ならではの構想であるダブル美濃(左右とも美濃囲いのカタチ)になり、序盤はお互いシンメトリーのカタチで、いったいどうなるのかとワクワクしながら観戦していました。

ただ、先手のElmoが序盤で縦歩取りに行き、それが中盤まで効いてきたため、ずーっと先手が優勢のまま終わりましたね。

これがElmoの序盤戦術による作戦勝ちと言えるのか、それともただ単に飛車の方が強いだけなのか、第二局に期待です。

第二局 飛車厨(Aprey)VS角厨(Elmo)

第二局は先後を入れ替えての対局で、先手がApreyです。

序盤のApreyの二枚飛車にはさすがに笑いました。

しかも、まさかの穴熊w

ソフトがこういった定石にない力戦で穴熊にいくものなんだなぁと感心。

一方、後手のElmoも角厨では定石と思われつつあるダブル美濃ではなかったところも見どころでした。

ただまぁ、一手5秒なだけに質の良い将棋とはいえませんけどね。

しかしこれで戦績は飛車の2勝ですね。やっぱり将棋は飛車なんでしょうか。笑

おわりに

棋譜は楽しんでいただけましたでしょうか。

個人的には、さらに先後を入れ替えて、角を先手にしたらどうなるのかも気になるところですので、また対局させてみたいと考えています。

もしかしたら、飛車が強いというよりは先手が有利というだけなのかもしれませんからね。

とはいえ、今日は環境構築に力を費やしてしまったので、また明日とします。

あ、あと、将棋エンジンなどの入れ方ですが、現在出ている情報では絶対にハマるので、これから将棋ソフトを導入される方のためにもまた後日導入手順など書こうと思います。

それではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です