角換わりの桂馬速攻はハマると簡単で楽しい【将棋ウォーズ10切れ#3】

2017/09/20 角換わり

相手は一級の方で、後手番が筆者です。

本局は相掛かり模様の序盤から角換わりの将棋になり、腰掛銀でよくみられるような形になりました。

筆者は後手番でしたが、相手の方が飛車先交換、角交換で2手遅れていることを咎めに桂馬の速攻をやってみました。

結果として、攻めはうまくいき、寄せの辺りは感触が悪かったのですが、なんとか勝ち切ることができました。

棋譜の解析結果

後手は一致率68%、悪手0%の疑問手0%で、お墨付きがでました。(一手1秒の解析なのでアテにはなりませんが)

形勢のグラフも、御覧の通りです。

まぁ、本局に関しては非常に手が分かりやすい展開が多かったので、こういうこともあるのでしょう。

これでようやく18級に昇進です^^;

精進してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です