2017年10月1日【実戦詰将棋#3】

このコーナーでは、筆者の対局から詰みの局面をピックアップし、読者に解いていただきます。

なお、前回の実戦詰将棋の答えは問題の下に記載しております。

それではさっそく、本日の実戦詰将棋です。

15手詰め

ヒント:飛車と桂馬の使い方

解答は、次回の実戦詰将棋にて公開いたします

前回の答え合わせ

(※先後反転している場合がありますが、表記上では手番側を先手とします)

▲6五銀△4四玉▲4三飛△同金▲同桂成△3五玉▲3六金まで

ポイントは、6九の香と2八の香で挟撃態勢になっている点に気が付けるかどうかですね。

2筋に逃げられないことが分かれば、あとは下段に逃さないように王手をかけていけば詰みます。

なので、途中の4三飛車が決め手ですね。ちょうど数が足りてるので、下への逃走経路を断つことができます。

7手詰なので易しい方でしたが、実戦においては時間の関係もあるので、焦らず局面を広く見る姿勢が大切ですね。

次回の実戦詰将棋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です